こめかみがズキズキしてつらい…
 

頭痛にはいろいろな原因がありますが、こめかみに来る頭痛は特徴がはっきりしているので正しい対処法を知っていれば対策しやすいです。
 

また普段の生活の中で気を付けるだけで予防もできるので、どういうことに気を付ければいいかのポイントもチェックしておくと万全といえます。
 

そのためにも、こめかみ頭痛の原因と対処法や予防法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.こめかみがズキンズキンときたら片頭痛

 

①原因

 

こめかみのあたりが心臓が脈打つようにズキンズキンと痛むときは、典型的な片頭痛です。
 

脳の血管が不安定になったとき血管が拡張し炎症して痛みとなり、その痛みは頭の片側だけでなく両側で起こったり、ズキンズキンと脈打たない場合もあります。
 

神経質な性格の人がなりやすく食べ物やストレス、次のような環境の変化などが頭痛のきっかけとなっているのです。
 

・片頭痛を引き起こす環境の変化

 

  • 季節変わり
  • 気圧の変化
  • 女性の場合月経時期のホルモン変化
  • いつもと違う生活リズム

 

頭痛は変化に弱いと言われており、これら日常の変化が刺激となり頭痛となっているのです。
 

・片頭痛の原因となる食べ物

 

  • 赤ワイン、チョコレート、ココアなどのカカオ製品
  • 熟成チーズ、柑橘類、ハム、サラミ

 

これらの食べ物には血管拡張作用があり頭痛の原因となる食べ物で、食べたら即頭痛ということではなく2つ以上原因がかさなったとき起こりやすくなります。
 

季節の変わり目にはチョコレートを食べるのを控えるなど、頭痛の原因となるものが重ならないよう気をつけることがポイントです。
 

②片頭痛の予防法は?

 

寝不足や寝過ぎなどの生活リズムの変化は片頭痛が起こりやすくなるので、休日も朝寝坊せず規則正しい生活を送ることを心がけ、日頃からストレスをため込まないようにすることが大切です。
 

また頭痛予防になる食べ物を積極的に摂ることも有効で、ビタミンB2やマグネシウムは脳の血管を安定させる効果がありサプリメントや食品から摂ることができます。
 

・ビタミンB2を多く含む食品

 

  • 納豆
  • レバー
  • ウナギ
  • 牛乳・ヨーグルトなどの乳製品
  • ホウレンソウなどの葉菜類

 

・マグネシウムを多く含む食品

 

  • 納豆
  • 大豆製品
  • ゴマ、アーモンドなどのナッツ類
  • ヒジキなどの海藻類
  • 緑黄色野菜

 

③片頭痛の対処法

 

気をつけていても頭痛になってしまったときの対処法を紹介します。
 

・静かな場所で横になり痛むところを冷やす

 

頭痛が始まるといつもなら気にならない音が気になったり、普通の明るさの明かりがまぶしく感じたりして頭痛を悪化させるので、暗くて静かなところで休むようにします。
 

冷やすことが血管を収縮することにつながり痛みが和らぐので、冷たいタオルを痛む部位に当てるとさらに良いです。
 

・痛みはじめにはカフェイン

 

コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは血管を収縮する作用があり、頭痛の早期に飲むと痛みの軽減になります。
 

ただし、2杯までに抑えておかないとカフェインのとり過ぎになり頭痛を悪化させるので飲む量には注意が必要です。
 

ここまでは片頭痛によるこめかみの痛みの対処法を見てきましたが、次はそのほかの原因でこめかみ頭痛になるケースを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.その他にこめかみが痛くなる頭痛は?

 

片頭痛以外にこめかみが痛む頭痛は①緊張型頭痛②脳過敏症候群の場合が考えられるので、順番に解説していきます。
 

②.緊張型頭痛

 

・原因

 

両側のこめかみから頭のまわりをぎゅーと締め付けるような痛み方をするのが特徴です。
 

主に長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けることでの肩や首の筋肉がこりや、精神的なストレスなどが原因で緊張型頭痛を引き起こすことがあります。
 

肩や首の筋肉のこり

 

首から肩、背中にかけての筋肉や頭の筋肉が緊張するために起こり、筋肉が緊張して硬くなると筋肉の血流が悪化し、それにより老廃物がたまり神経が刺激され痛みとなるのです。
 

精神的なストレス

 

精神的なストレスが続くと肩がこるようなことをしていなくても、筋肉が緊張して硬くなってしまい痛みとなります。
 

・緊張型頭痛の対処法は?

 

こりの部分を蒸しタオルやホットパックで温めたりストレッチや簡単な体操をするのも有効で、仕事中で立ち上がったり出来ないときは肩回しだけでもよいです。
 

②脳過敏症候群

 

・症状

 

長年片頭痛を患ってきた人に起こりやすく、ちょっとした刺激で脳が興奮し、こめかみが痛んだり耳鳴りやめまいなどがしたり、さまざまな不快症状が起こります。
 

片頭痛を鎮痛薬で抑えるだけできちんとケアをしてこなかったことで、脳が刺激を受けやすくなっていることが原因です。
 

・脳過敏症候群の対処法は?

 

医師による治療が必要

 

脳過敏性症候群は医師の治療が必要で、処方薬を飲み脳の異常な興奮を鎮める治療法となります。
 

3.頭痛でこめかみが痛むときの原因と対処法まとめ

 

頭痛でこめかみが痛むのは主に片頭痛が原因なので、カフェインを取り入れたり痛むところを冷やしたりして安静にすることが大切です。
 

そして片頭痛を引き起こす食べ物や環境の変化に気を付けることが頭痛予防になるので、普段から心がけることが必要といえます。
 

またその他の原因として緊張型頭痛や脳過敏症候群があり、場合によっては自力で治せないこともあるので、その時は医師の診断を受けたほうが良いです。
 

こめかみ頭痛の原因を知って対策し、痛みを和らげていきましょう!
 


【スポンサードリンク】