頭痛でめまいがするし、とても眠い…
 

軽いめまいや眠気なら疲れが溜まっているからと思って見過ごしてしまいますが、長引く場合は放置しても治らないことも多いです。
 

頭痛にも心当たりがあるならなおさらで、ちゃんと原因を突き止めて対処していかないと、いつまでも症状を引きずってしまいかねません。
 

しっかりと治すためには、どうして頭痛やめまいが起きるのか、そして眠気は普通に眠いのと何が違うのかを知っておくことが必要です。
 

そのためにも頭痛によるめまいや眠気が起きる理由と正しい対処法を見ていきましょう。
 

【スポンサードリンク】

1.低血圧が頭痛とめまいを引き起こしていた!

 

頭痛やめまい、眠気といった症状は低血圧が原因となっていることが多く、軽度なものであっても日常生活の中で支障を起こす病気です。
 

①低血圧の主な症状

 

低血圧による症状は頭痛、めまい、肩こり、耳鳴り、不眠、胃もたれ、吐き気、発汗、動悸(どうき)、不整脈などいろいろあります。
 

低血圧は病気としてあまり重視されていないので、ストレスからくる疲れだろうぐらいにしか思われず見過ごされてしまいがちです。
 

食事をしたときに耐えられないほどの強い眠気を感じるときは、低血圧の症状が出ている場合があります。
 

食べたものを消化するために体中の血液を胃などの消化器官に集め、脳に行く血液が少なくなり、低血圧の人の場合強く眠気が出てくるのです。
 

濃いコーヒーを飲んだりして対策している人は注意が必要で、コーヒーに含まれるカフェインが神経を刺激して興奮させる作用があるため、めまいを引き起こしたりすることがあります。
 

また、食後の休みに寝ている状態や座っている状態から急に立ち上がると、低血圧による立ちくらみが起こる場合があり、なるべく急激な動作をしないように気を付けた方が良いです。
 

②対処法

 

まずは血圧を計り低血圧かどうかを判断し、最高血圧が100mmHg以下、最低血圧が50~60mmHg以下だと低血圧になります。
 

頭痛やめまいなどの症状が強い場合には治療が必要で、薬物治療を行うと共に医師の指示により慎重に行うことが必要です。
 

血圧が少し低いだけで強い症状がなければ日常生活での工夫によっても、不快な症状を軽減することができます。
 

・塩分やたんぱく質をバランス良くとる

 

塩分には血管を収縮させて血圧を上げる作用や食欲を増進させる働きがあり、特に味噌はミネラルや植物性たんぱく質が豊富に含まれています。
 

また、たんぱく質は不足しやすいので肉、卵、魚介類、乳製品、大豆製品などをバランス良くとることが大切です。
 

中でもチェダーチーズには血圧をコントロールする物質が含まれ、低血圧の症状緩和に効果があるといわれています。
 

・アルコールを控える

 

アルコールには血管を広げる作用があり、アルコールが血液中にある間は血圧が低くなるため、血圧が低めの人はお酒を飲むと起立性低血圧による失神を起こしやすくなります。
 

・生活を規則正しくする

 

早寝早起きを心がけ十分に睡眠をとり、1日3回規則正しく食事をするというリズムをつくるように心がけることが必要です。
 

特に朝食は血圧を正常に上昇させるためにもしっかり食べ、適度な運動を生活に組み込むことも大切になってきます。
 

 

ここまでは低血圧の対処法を説明してきましたが、次は頭痛やめまい、眠気の改善策を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.頭痛やめまい、眠気を治す方法は?

 

①頭痛

 

低血圧の人は脳の血管の変化以外にも、首や肩にかけての血液の循環が悪くなることで筋肉に老廃物がたまり、ますますその部分の血液循環が悪くなることで頭痛を引き起こします。
 

首や肩を温めて血液の循環をスムーズにしてあげると効果的で、低血圧にともなう頭痛は午前中に多く午後になると低血圧が改善されてくるで頭痛も和らいできます。
 

②めまい

 

めまいの発作が起きたときは、あわてず転倒しないよう注意しながら座れる場所や横になれる場所へ移動し、ネクタイやベルトなどの締め付けるものは緩めたり外し体を楽にします。
 

また光が脳を刺激することでめまいの症状が悪化することがあるので、日陰など日差しを避けて目を閉じて安静にし、目の前の動くものを見ないようにするほうが良いです。
 

カフェインは神経を刺激して興奮させる作用があるため、めまいを悪化させたりすることがあります。
 

そしてめまいの時だけでなく、コーヒーや紅茶、緑茶、コーラや栄養ドリンク剤などのカフェインが含まれているものには普段から注意が必要です。
 

③眠気

 

コーヒーなどのカフェインはめまいを引き起こすことがあるので避け、耳をひっぱったり手のひらでもみこむようにマッサージしたり、眠気覚ましのツボを押したりするのが良いです。
 

・眠気覚ましのツボ:百会

 

  • 頭のてっぺん、両耳と鼻の延長線が交わる点に位置します。
  • 指の腹を当て、下方に向けて心地よく感じる強さで押します。

 

3.頭痛でめまいや眠気がする原因と対処法まとめ

 

頭痛やめまい眠気といった症状が出るのは低血圧が原因となっていることが多いので、アルコールを控えたりライフスタイルを見直したりすることが必要です。
 

また頭痛には血行を良くすることが効果的で、めまいの症状が出たときは強い光を避けることで悪化を防げます。
 

食事のバランスを考えたり生活リズムを整えたりといったことは普段の心がけで良くしていけるので、少しづつ改善していくといいかもしれません。
 

低血圧を改善して、頭痛によるめまいや眠気を解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】