頭が痛いときは頭痛薬を飲んで、とにかく安静にしているという方も多いと思います。
 

たしかに軽い頭痛くらいならそれでも大丈夫なことも多いのですが、めまいの症状が重なったときは脳の病気を疑ったほうがいいかもしれません
 

特に急激な痛み・激しいめまいがするような場合は危険な状態になっていることも多く、いきなりくると不安になりますよね。
 

原因がわかっているならまだしも、身に覚えのない頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか?
 

今回はそんな危険な病気の可能性がある、めまいをともなう頭痛について見ていきます。

【スポンサードリンク】

1.頭痛が伴うめまい

 

人の身体には姿勢のバランスを保つ機能が備わっていて、その場所に異常が生じるとめまいが起こります。
 

具体的にはめまいの種類は3つあるので特徴を順番にまとめてみました。
 

①回転性めまい

 

まず最初に考えられるのが回転性めまいで、周囲や自分自身がグルグル回っている感じがするのが特徴です。
 

めまいに伴う症状としては、
 

  • 音が聞こえづらい
  • 耳がつまった感じ
  • 耳鳴りがする

 

などが挙げられ、耳の異常が原因になっているのが分かりますね。
 

急に発症することが多く、放っておくと難聴になるおそれもありますので注意してください。
 

耳の病気については突発性難聴も考えられますので、あまりにも耳の症状が強い場合は耳鼻科への受診を検討することが大切です。
 

②浮動性めまい

 

めまいの原因として次に考えられるのが浮動性めまいで、身体がフワフワした感じでふらつき、まっすぐ歩くことが出来ず姿勢を保つのが難しくなるのが特徴です。
 

めまいに伴う症状は、
 

  • 頭痛
  • 顔面や手足のしびれ
  • 運動まひ

 

などが主なもので、神経に関係する症状をともないます。
 

浮動性めまいの多くは脳の異常が原因で起こりますが、具体的な脳の病気については後ほど説明していきますのでチェックしてみてくださいね。
 

③立ち上がるときに起こるめまい

 

最後に考えられるのが、立ち上がるときのめまいです。
 

立ち上がるときにフラフラした経験のある方も多いのではないでしょうか?
 

主な症状としては、
 

  • 立ち上がるとクラッとする
  • 時に目の前が暗くなる
  • 失神を伴う

 

などで、立ち上がるとクラッとしたり目の前が暗くなったりするめまいは、血圧の変動に関係する全身性の病気が原因として考えられます。
 

中には「いつものことだし、少し時間がたてばすぐ収まるから……」と見過ごしている人も多いかもしれません。
 

確かにちょっとした立ちくらみ程度なら良いものの、めまいが長く続いたり頻繁に起こったりするような場合は危険です。
 

時間が取れないときや億劫に感じるときもあると思いますが、早めに検査を受けることで重症化する前に治療できるケースも少なくありませんよ。
 

 

ここまではめまいの種類について説明してきましたが、次は頭痛が伴うめまいの原因となる脳の病気の前兆について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.頭痛が伴うめまいとは?脳の異常が病気を引き起こしていた!

 

頭痛が伴うめまいの多くは脳の異常が原因で起こります。
 

脳にじゅうぶんな血液が運ばれず働きが異常となり、結果的にめまいが起こる場合も少なくありません。
 

めまいを伴う脳の病気で特に多いのは次の3つです。
 

①脳梗塞

 

脳梗塞(のうこうそく)という病気は聞いたことのある方も多いと思います。
 

具体的に次のような症状が出た場合、注意したほうがいいかもしれません。
 

  • 頭痛や肩こりが何の前触れもなく起こり常にめまいや耳鳴りがする
  • 手足のしびれや震えが起こり、歩いていると何もないのに、つまづく
  • ときどき顔や唇がしびれ、突然ろれつが回らなくて喋ることができない
  • 水や食べ物を飲み込みづらくなったり、むせやすく痰がからみやすい
  • 視野が欠けたり、物が二重に見えたりする
  • いきなり冷や汗が出たり動悸が起こり一時的に意識が遠くなることがある
  • 早口で話されていると理解できず、声がかすれ、大声を出そうとすると息切れする

 

上記のいくつかに当てはまっていると脳梗塞を起こす可能性が高いです。
 

特にお酒を飲んでいないのにもかかわらず、ろれつが回らない状態は危険なので、前兆を感じたら病院に行き、自分の気になる症状を医師に伝えてください。
 

②脳出血

 

実は脳出血の前兆がはっきりと現れることはあまり多くありません。
 

知らないうちに進行していることがほとんどですが、めまいの症状を中心とする次のような症状が出たときは、脳出血の可能性もあります。
 

  • めまいがする。
  • 激しい頭痛がする。
  • 立ってしっかりと歩くことができない。
  • 気分が悪くなる、嘔吐(おうと)する。
  • 激しい肩こりを感じる。

 

もちろん上記の症状に当てはまったからといって、必ずしも脳出血ということにはなりませんが、早めに検査を受けることで脳へのダメージを最小限に抑え、治療後の状態も良くなりますので、少しでも不安を感じたら検査を受けてみてはどうでしょうか?
 

特に脳出血の最大の原因は高血圧であることから、出血の前兆が現れたらすぐに救急車を呼べるよう、普段から心構えをおくことも大切です。
 

③クモ膜下出血(くもまくかしゅっけつ)

 

後頭部をバットで殴られたような急激な激しい痛みがあらわれた場合、クモ膜下出血の可能性が考えられます。
 

クモ膜下出血とは脳のくも膜の内側の動脈が破裂する病気で、突然激しい頭痛と吐き気・嘔吐に襲われる危険な頭痛です。
 

場所によっては数分のうちに昏睡状態におちいり、死に至るケースも少なくありません
 

もしもバットで殴られたような突然の激痛・激しい嘔吐などがあらわれたら、一刻も早く病院で適切な処置を受けてください。
 

④そのほか

 

  • 片頭痛
  • 貧血
  • 低血糖
  • 低血圧
  • 月経時期
  • 更年期障害

 

緊急ではありませんが、不調が続くようなら一度医師に相談したほうが良いです。
 

頭痛によるめまいの種類や原因となる病気のまとめ

 

めまいの種類は主に3種類ですが、どれも脳の異常に関連していることが多く、油断していると見過ごしてしまいかねません。
 

ただのめまいで済めば良いものの、中には脳梗塞や脳出血といった重大な病気が隠れている危険もあるので、少しでも不安があるようなら専門の医師に相談することが早期発見・早期回復につながります。
 

もちろん症状が進行してしまう前に対処できるのが一番ですから、脳の異常を知らせてくれる小さなサインに気づくためにも、日ごろから体調をしっかりチェックしておくことがポイントです。
 

めまいと頭痛から解放され、健康的な日々を過ごせるよう願っています。


【スポンサードリンク】