頭が痛いうえに吐き気と寒気もする…
 

頭痛がするときはひとまず頭痛薬を飲めばいいように思いますが、吐き気や寒気の症状も出ていたら少し考えた方が良いかもしれません。
 

というのも、吐き気寒気の症状が出る原因は別のところにあり、単なる頭痛と同じように対処しても治らないことも多いからです。
 

頭痛の原因がどこから来るのかを知ったうえで正確に対策しないと、まったく効果が無いどころか悪化させてしまうことにもなりかねません。
 

そうならないためにも、頭痛によって吐き気や寒気がする原因と対処法を紹介していきます。
 

1.頭痛で吐き気や寒気がする原因は?

 

頭痛によっておこる吐き気や寒気は主に①自律神経の乱れ②ノロウイルスの2つが原因となっているので順番に見ていきましょう。
 

①自律神経の乱れが頭痛を引き起こす

 

・自律神経が乱れたときの症状は?

 

精神的なストレスや過労などが引き金となって自律神経が乱れると心や体に不調があらわれてきます。
 

具体的な症状は、吐き気をはじめ寒気、全身の倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などで、人によって大きく違うのが特徴です。
 

・自律神経の不調を改善するには?

 

自律神経のバランスが崩れるのは心身のストレスが原因なので、これを解消することが先決です。
 

疲れを感じたときはいつもより早めに眠るのが一番で、質の良い眠りがストレスから心身を守ることにつながります。
 

特に寝る前は食べ過ぎたりや過度のアルコールを飲むんだりするのは避け、ぬるめのお風呂にゆっくり入るのも効果的です。
 

そして、休日に好きなことをしてリフレッシュしたりリラックスして嫌なことは考えないようにしたりして、ストレスを溜め込まないように心がけることも大切です。
 

また、カルシウムには神経の働きの緊張を鎮め精神的なイライラを抑える効果があるため、カルシウムの多い食品を取り入れるようにすると良く、次のような食べ物が最適といえます。
 

  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • めざし
  • 干しえび
  • わかさぎ
  • 小松菜
  • ほうれん草
  • チンゲン菜

 

②ノロウイルスも頭痛の原因になるの?

 

次に頭痛による吐き気や寒気を引き起こす原因としてノロウイルスも考えられるので、症状と対処法を紹介します。
 

・ノロウイルスの症状

 

お腹にくる風邪にはウイルス性胃腸炎と細菌性胃腸炎がありますが、秋から冬にかけて流行するほとんどがウイルス性です。
 

なかでもノロウイルスは感染力が強く数十から100個のウイルスで簡単に感染し、流行時期は11~3月で乳幼児から大人までかかるため家族全員に移る危険があります。
 

潜伏期は1~2日間で、症状は嘔吐、下痢、筋肉痛、頭痛、吐き気、発熱にともなう寒気です。
 

・ノロウイルスの対処法は?

 

抗生物質は無効どころか下痢を遷延させることもあるため、治るまで数日かかり経口補液による対症療法となります。
 

嘔吐したあとの口の中の臭いで再び吐き気がすることもあるので、冷たい水や塩水、レモン水などでうがいをすると口の中の洗浄ができて気分的にもスッキリするので効果的です。
 

また吐しゃ物(吐いたもの)の臭いでも吐き気や再嘔吐をもよおすことがあり、そこから感染することもあるためゴム手袋とマスクで感染を予防して速やかに片づけることが大切です。
 

 

ここまでは頭痛による吐き気と寒気の原因として主な原因を2つ説明してきましたが、次はこの他にも頭痛による症状が起きるケースを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.その他の理由で頭痛と吐き気寒気が起きる原因とは?

 

①偏頭痛による吐き気と寒気

 

風邪の症状とも重なりますが、神経への刺激によって胃に不調が生じ吐き気が起こると考えられ、慢性的に吐き気と寒気そして頭痛が起こるのであれば典型的な偏頭痛です。
 

身体を動かしたり、まぶしい場所やうるさい場所では痛みが激しくなるので、できるかぎり暗静かな場所で休むことが必要になります。
 

また、血管の拡張を抑えるためにアイスノンや冷えるジェルシートなどを貼るのも良く、コーヒーや緑茶に含まれるカフェインは血管収縮作用があるので頭痛を抑えるのに効果的です。
 

②乗り物酔いによる吐き気

 

乗り物酔いの兆候として頭重感・頭痛、生つば、あくびなどの初期症状がみられ、その後吐き気や手足の寒気、冷や汗、ふらふら感といった症状に発展します。
 

乗り物に乗ったら揺れの少ないところに座り、立ったり歩いたりは控え遠くの景色を見たり、窓を開けて新鮮な空気に当たることが有効な酔い対策です。
 

また睡眠を十分にとり下痢や便秘があれば治しておくなど体調を整えて、酔い止めの薬を乗る1時間くらい前に飲んでおくことが乗り物酔いの予防に最適といえます。
 

③妊娠による吐き気と寒気

 

妊娠初期に起こるつわりは空腹時などに胸のむかつきや強烈な吐き気に襲われ、吐くものの少ない嘔吐に苦しむことがあり、そのほかにも頭痛、寒気、眠気などを引き起こします。
 

妊婦の50~80%が経験するというつわりの期間は、約6~8週間ほどです。
 

吐き気がつらいときは衣服をゆるめ横になって静かに休み、特に頭痛をともなう場合は転倒しないように注意し、横になれる場所に移動し安静にすることが大切です。
 

3.頭痛で吐き気や寒気が起きる原因と対処法のまとめ

 

頭痛によって吐き気や寒気が起きる原因は主に自律神経の乱れなので、リラックスできる時間を取ってストレスを溜めないようにすることが大切です。
 

またノロウイルスや偏頭痛など他の理由によっても引き起こされるため、症状を見分けてそれぞれに合った対策をすることが必要といえます。
 

自律神経の乱れは普段の生活に気を付けるだけでも改善されていくので、一度生活リズムを見直してみるのもいいかもしれません。
 

頭痛の原因をチェックして、吐き気も寒気も解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】