胃が痛いけど、原因が分からない…

 
胃が痛いとき食べ過ぎかなと考えてしまいますが、食べ過ぎでもないのに胃が痛いと原因がなかなか分かりにくいですよね。
 

薬を飲もうと思ってもどの薬を使えばいいのか悩んでしまい、

結局そのまま引きずってしまう…というのが実際のところだと思います。
 

もし原因がはっきりと分かれば対策も立てやすくなるので、食べ過ぎてはないけど胃の痛みがつらいときの対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.ストレスで胃が痛くなるのはどんな時?

 

胃の痛みにはいろいろなタイプがあります。

①機能性胃腸症

 

ストレスで胃が痛くなることを、従来は神経性胃炎や慢性胃炎と呼んでいました。
 

最近では胃の粘膜に炎症があるという症状のことで胃の粘膜に何の異常もないのに胃炎を使うのは正確ではないということから、機能性胃腸症と呼んでいます。

・主な症状

 

具体的にはどのような症状が出るのでしょうか?

胃もたれ

 

ストレスがかかると自律神経が必要以上に刺激され、

交感神経の機能が活発になり血圧や心拍数が上昇し皮膚や内臓器官への血管が収縮します。
 

その結果胃のぜん動運動が鈍くなり胃液の分泌も減少してしまい、さらに胃壁の粘膜に血液が行き渡らず粘膜そのものが弱くなり胃もたれ・膨満感といった症状を感じることも少なくありません。
 

ほかに疾患がなく快便なのに膨満感があるときは呑気症(どんきしょう)といい、通常は気道を通るはずの空気が食道から胃に入ってしまうことで膨満感を引き起こします。
 

ストレスが溜まっている人や呼吸が浅い人に起こりやすいといわれていて、このようなときには意識して深く息を吸ってみるのが膨満感解消のポイントです。

胸やけ

 

ストレスを受け続けると、胃の働きをコントロールしている自律神経が乱れて胃酸が過剰に分泌されます。
 

空腹時に胸焼けを感じる原因には、ストレスなどの刺激を受けて体調が乱れ、日中や夜間の空腹時に胃酸の分泌が過多になっていることが原因となることも多いです。
 

多すぎる胃酸は胃の粘膜を傷つけ、胃の粘膜が急性の炎症を起こしたり、食べものを消化するために分泌された胃酸が食道へ逆流したりしてしまいます。
 

このような状態のときは過剰な胃酸などが胃粘膜を荒らしてしまい、悪化すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった深刻な病気に発展するケースもあるので、専門の診療科で早めにみてもらってくださいね。
 

胃痛が長期間続いくときや激しい痛みがあるときは
 

  • 内科
  • 消化器科
  • 胃腸科


 

への受診が必要で、場合によっては心療内科も相談の対象になります。

②機能性胃腸症の予防

 

機能性胃腸症の予防にはリラックスすることが大事で、特別なことでなくても、テレビを見たりゆっくりお風呂につかったりといった、日常生活の中でできる自分に合ったリラックス法でストレスを上手に解消すると良いです。
 

規則正しく食事をとることも大切になってきます。
 

不規則な時間に食事をとることは胃に負担がかかるので、規則正しい時間に食事をとるようにし、食事の際は腹八分目を心がけることも必要ではないでしょうか?
 

ここまではストレスが原因で胃痛になる場合を説明してきましたが、食事対策で胃をストレスから守る方法を次に紹介していきます。

【スポンサードリンク】

2.食事対策で胃をストレスから守る!

 

普段の食事に気を付けて胃の負担を減らすことが大切です。

①胃に負担をかけないためのポイント

 

5つのポイントをまとめてみました。
 

    1. 食べる量は控えめに:食べる量を腹八分目とすることで胃に負担をかけることなく消化できます。
    2. 規則正しい食生活を:朝食を抜くと空腹時間が長くなるため胃に負担がかかって機能が乱れてしまいます。
    3. 食後はなるべく休む:食後すぐに動き出すと消化不良や腹痛を引き起こす原因になります。
    4. 消化の良いものを:胃に負担をかけないためにも消化の良いものを食べることが大切です。
    5. 冷たいものは取りすぎない:冷たい食べ物や飲料水は胃の働きを悪くします。

 

②胃に良い食べ物

 

胃に残っている時間が短いほうが胃への負担が少なくて済みます。
 

特に炭水化物やたんぱく質が最適で、柔らかめに炊いたご飯やひれ肉・とり肉など、また栄養バランス取るためにも軟らかく煮た野菜なども取り入れるといいかもしれません。
 

あわせて食べると良い野菜は、
 

  • 人参
  • かぶ
  • 大根
  • ほうれん草
  • カリフラワー
  • キャベツ


 

などがおすすめで、ほかには大根・かぶ・長いもなどでんぷん分解酵素を含む食品も食べたものの消化を助けてくれますよ。
 

大根には消化を助ける働きを持つアミラーゼやオキシターゼなどの酵素が豊富に含まれており、胃の健康を保つ効果も持っています。

キャベツのビタミンUが大活躍!

 

ビタミンUというのを聞いたことはあるでしょうか?
 

「ビタミンEまでなら普通に知ってるけど、Uなんてあるの?」
 

と思った人も多いと思います。
 

キャベツは食物繊維やビタミンU・ビタミンCなどの栄養素が豊富で、実はビタミンUはキャベツから発見されたビタミン成分なのです。
 

別名「キャベジン」とも呼ばれ、よく胃腸薬のCMで見かけますよね。
 

ビタミンUは胃酸の分泌を抑え、胃や腸の粘膜を健康に保つ働きがあるため、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防や改善に効果があるといわれています。
 

ちなみにクマザサ茶にも胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃炎などの症状の改善効果があるといわれていて、クマザサに含まれる安息香酸には殺菌・解毒作用があり、胃のピロリ菌や黄色ブドウ球菌などの細菌の発生や増殖を抑制してくれますよ。
 

ストレス胃痛にはリラックスと食事対策が大事!

 

今回はストレス胃痛の症状と対策についてお話ししました。
 

食べ過ぎでもないのに胃痛がするときはストレスが原因であることが多く、

その場合にはリラックスできる時間を作り、食事対策では大根やキャベツが効果的です。
 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった深刻な病気に発展することもあるため、痛みが特につらいときは内科・消化器科・胃腸科へ、ストレス性の胃炎の場合は心療内科での相談が必要になります。
 

普段から少し気を付けるだけでもストレスは減らしていけるので、できるところから対策をはじめてみるといいかもしれません。
 

ストレスに負けずに胃痛を解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】