吐き気もするしお腹も痛い…
 

単なる吐き気や腹痛だけならちょっと体調不良なのかなと考えてしまいますが、なかなか治らないなら注意した方がいいかもしれません。
 

なぜなら、つらい生理痛の場合はストレスが原因であることが多いので、根本的に対処する必要があるからです。
 

しっかりと対処できれば、痛みのない快適な日々を送ることができるので、ポイントをおさえておくことが大切になってきます。
 

そこで今回はストレスで吐き気や腹痛が起きる原因と改善策を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.吐き気や腹痛をつらくしているのは生理痛によるストレスが原因だった!

 

①機能性月経困難症

 

寝込んでしまうほど痛みがつらい生理痛を機能性月経困難症といい、経血を押し出すときの子宮の収縮や生活環境の変化などによるストレスからも痛みを感じることがあります。
 

子宮内膜でつくられるホルモンが過剰に分泌されることで子宮がぐんぐん収縮すると、強い痛みを引き起こすのです。
 

さらに、自律神経の乱れから脳の血管が拡張し頭痛が起こったり、吐き気や下痢を引き起こすこともあります。
 

また、生理痛自体がストレスとなりストレスの悪循環となって、生理痛をいっそうひどくしてしまうこともあるのです。
 

痛みの程度が軽く、市販の痛み止めを1~2回飲めば大丈夫という程度であれば、必要以上に心配することはありません。
 

ただし、痛くて寝込んでしまうなど日常生活に支障が出るほどなら心配です。
 

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気や、炎症などが原因で起こる他の臓器の癒着(ゆちゃく)などが痛みを起こしていることがあり、原因となっている病気の治療をする必要があります。
 

このような場合を器質性月経困難症といい、婦人科を受診するとまずは病気が隠れていないかどうかを調べるのです。
 

その結果特に病気がないようであれば、それぞれの症状をやわらげる治療が行われます。
 

痛みには鎮痛剤、ホルモン分泌の過剰にはそれを抑える薬が処方されたり、漢方療法も効果的で血流の改善、イライラにも効き目があり、保険も適用され価格は他の薬と同じような扱いです。
 

いずれにしても自分の症状を説明し、症状に合った治療法をよく相談することが必要になってきます。
 

②痛みやイライラを和らげるには

 

・青汁を飲む

 

冷えや貧血を解消する食べ物を摂取することでつらい生理痛を和らぎ、特に青汁の原材料のひとつとして使用されている大麦若葉は、ミネラル類やビタミン類を豊富に含んでいます。
 

冷え性を改善し貧血を予防する効果や、精神を落ち着かせストレスへの抵抗力を高める効果があります。
 

・きちんとした睡眠を確保

 

体を休めることはとても大切で、生理痛と関係の深い女性ホルモンは睡眠中に生成されます。
 

そこで充分な睡眠がとれずにいると、ホルモンバランスの崩れが起こってしまい生理痛の症状が悪化してしまうのです。
 

・適度な運動

 

ストレッチや散歩程度の無理のない運動で体を動かすことで、血行がよくなり生理痛が和らぎます。
 

また酸素を取り入れることによってリラックス効果が生まれ高感神経が過剰に働くのを防ぐため、生理中のイライラも軽減するのです。
 

・体を冷やさない

 

冷えた体は血行が悪く、子宮の収縮がスムーズにいかず必要以上の収縮活動が行われ痛みが増してしまいます。
 

そのため、使い捨てカイロなどを使って下腹部の保温をしたり、このときだけでもハラマキなどをすると効果的です。
 

 

ここまではストレスによる生理痛の特徴と対処法を説明してきましたが、次は生理前のイライラを和らげる方法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.生理前のイライラを改善するためには?

 

①月経前症候群

 

月経前症候群は月経前の3~10日頃の時期に50~80%の女性に起こり、生理の開始と同時に症状が軽くなったり無くなったりするのが特徴です。
 

月経周期中に女性ホルモンが急激に変動するために起こり、また、ストレスや緊張、疲労が蓄積されるところでも、症状が強くあらわれやすくなります。
 

月経前に次のような症状が見られたら月経前症候群です。
 

  • 身体症状
    動悸、頭痛、腹痛、関節痛、腹部の張り、腰痛、乳房の張りと痛み、食欲の変化、便秘、下腹部のけいれん痛、圧迫感、重い感じ、めまい、疲労感、ほてり、不眠、吐き気、手足のしびれ、にきび・じんま疹などの皮膚症状、手足のむくみ、体重増
  • 精神症状
    イライラ、涙もろくなる、無気力、混乱、うつ、集中力の低下、記憶力の低下、刺激に過敏になる、神経質になる、気分にむらが出る、短気

 

ほかにも排卵後、卵胞ホルモンの分泌が減り喜びを感じる脳内物質セロトニンが急激に低下することがあります。
 

そのため、ネガティブな気持ちを引き起こしたり、ビタミン・ミネラルの微量栄養素の欠乏状態になるのです。
 

②イライラを和らげるには

 

月経前症候群の対処は症状の緩和が中心で、バランスの悪い食事はビタミンやミネラルの不足が原因で症状が強くなります。
 

カフェインや砂糖を取りすぎはイライラや情緒不安定の原因にもなり、例えばチョコレートなどイライラして食べたくなるかもしれませんが、これは逆効果です。
 

どうしても甘いものがほしい場合は、ココアが良く、ココアに含まれるマグネシウムが自律神経を整えて血行を促す作用があります。
 

また、ウォーキングや軽いジョギングなどのリズム運動はイライラを鎮めるのに効果的です。
 

そして症状が重い時は抗うつ薬で改善を行う場合もあり、自分の症状に合わせた対処を行いつつ症状が重い時には医師に相談してみることも必要になります。
 

3.ストレスや吐き気や腹痛を原因と対処法まとめ

 

生理痛の吐き気や腹痛がつらくなるのはストレスが原因となっていることが多く、ホルモンバランスの崩れによって自律神経が乱れ、引き起こされます。
 

痛みを和らげるには青汁を飲んだり適度な運動をしたり、また充分な睡眠を確保することも大切です。
 

そして生理前のイライラを改善するためにも、カフェインを控えたりリズム運動を試してみるのもいいかもしれません。
 

生理痛を和らげて、吐き気も腹痛も解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】