ダイエットをしてるけど、思うように体重が減ってくれない・・・。

食事制限したり、おやつを我慢したり、頑張って運動を続けているのに、思い通りに体重が減らないのは辛いですよね。

ほかにも、忙しくて運動する時間がもてないとか、お金をあまりかけず手軽にダイエットしたいなどなど、ダイエットの悩みは出てきます。

もし、いつものダイエットに一工夫するだけで、結果が出たらいいですよね。

そこで今回は水素水で脂肪燃焼する理由と水素水以外の脂肪燃焼ドリンクを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.水素水で脂肪燃焼する理由とは?

 

①悪玉活性酸素が肥満のもとだった!

 

活性酸素とは、免疫機能のことで善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。

善玉活性酸素は、外から入り込んだ細菌を殺菌・除去する働きがあり、生命維持のためには大切なものです。

一方悪玉活性酸素は、細胞を酸化させてダメージを与えるため、そのことにより代謝の働きが悪くなり、体内の糖が増え中性脂肪となって蓄積されていきます。

またそれだけでなく、脂肪の燃焼に関係しているミトコンドリアも攻撃してしまうのです。

水素水は、そんな悪玉活性酸素のみ排出してくれて、ミトコンドリアが活性化し、脂肪燃焼を活発にします。

ほかにも、血液をサラサラにしてくれるので、血液が老廃物の排出をし、酸素が体の隅々に行き渡ることで代謝を上げてくれるのです。

②ダイエットに効果的な飲み方とは?

 

むやみに水素水を飲んでも、体内にうまく取り入れられなかった水素は、呼気やげっぷ、おならなどとして、体の外に出されてしまいます。

ダイエットとして飲むなら、運動中の活性酸素が大量に発生しがちなタイミングに、運動の前、中、後それぞれに適量をこまめに取るのが良いです。

悪玉活性酸素が排出され、酸素が体に行き渡ることで代謝がよくなり、ダイエット効果がアップするのです。

さらに、運動の疲れも軽くなる効果もあるので、ダイエットが続けやすくなります。

水素は空気に蒸発しやすいため、できるだけ水素濃度が高く、密閉された容器に入っているものを選び、飲み切るようにします。

ここまでは水素水で脂肪燃焼する理由を説明してきましたが、次は水素水以外の脂肪燃焼ドリンクについて見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.水素水以外の脂肪燃焼ドリンクとは?

 

①コーヒーを飲んで有酸素運動しよう!

 

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には、脂肪を分解する酵素の働きを活発にする効果があるのです。

コーヒー豆は焙煎すると、クロロゲン酸が減少するため浅煎りの物を選び、砂糖を入れるとカフェインの働きを悪くするので、何も足さないで飲みます。

ダイエットとして飲むタイミングは運動の30分前で、コーヒー1杯を飲んで有酸素運動を行と効率がよく脂肪燃焼に働きかけてくれるのです。

この他に食前に飲むのも良く、食べた物が脂肪として溜まらないように働きかけたり、体に溜まっている脂肪を分解して燃焼させやすくしてくれます。

カフェインは摂り過ぎると、胃の粘膜を傷めたり夜眠むれなくなったりすることもあるので、飲む量は1日に3杯程度が良いです。

②食事中に飲む緑茶もダイエットになるの?

 

緑茶に含まれているカテキンには、脂肪や糖が吸収されるのを抑え、肝臓にたまった脂肪の分解を助ける働きがあるのです。

急須を使って熱いお湯で入れた方が、カテキンがたくさん溶けだしすので、効果もアップします。

ダイエットとして飲むタイミングは食事の時で、食べた時に緑茶を一緒に飲むと、吸収を抑える効果が発揮され、脂肪がたまりにくく、脂肪の分解もしてくれるのです。

また運動をする前に飲むと、緑茶のカフェインの効果によって、脂肪が分解されて燃えやすくなることで、汗がたくさんでます。

緑茶にもコーヒーと同じくカフェインが入っているため、飲む量は1日5~10杯程度までを目安に飲むのが良いです。

3.水素水で脂肪燃焼する理由と水素水以外の脂肪燃焼ドリンクのまとめ

 

脂肪燃焼ドリンクには、水素水、コーヒー、緑茶などがあり、運動中や食事の時に飲むことで、脂肪燃焼を活発にする助けをしてくれます。

水素水は、運動時に飲むのが脂肪燃焼に効果的で、疲れも軽くなるのでダイエットが続けやすくなるのです。

コーヒー、緑茶も、脂肪燃焼を助ける働きがあり、運動前に飲むことで脂肪燃焼効果アップしたり、他には食事の時に飲むだけという方法もあります。

運動や食事でのダイエットで、なかなか結果が出にくい人は、ためしてみると良いかもしれません。

脂肪燃焼ドリンクを活用して、ダイエットを成功させましょう!


【スポンサードリンク】