吐き気がするほど生理痛が酷い場合はどうすればいいですか?
 

軽い生理痛だけなら我慢することもできますが、酷い腹痛に吐き気といった症状まであると見過ごすわけにはいかなくなってきます。
 

ただの体調不良だからとりあえず寝て何とかしようと思っても、なかなか治らずに長引くことも多いです。
 

なぜ腹痛や吐き気がするのか知っておけば早めの対処で症状を楽にできるので、生理痛が酷い原因と対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.生理痛の酷い原因とは?

 

①プロスタグランジンが痛みを引き起していた!

 

プロスタグランジンとは、経血をスムーズに体外に押し出すために分泌されるホルモンのことです。
 

分泌が多すぎると子宮の収縮が過剰となり、酷い腹痛を引き起こしたり、吐き気がしたりします。
 

体が冷えて血液の循環が悪くなることでも、プロスタグランジンが骨盤内に滞り、痛みを強くするのです。
 

ほかには、ストレスもホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くさせ不快な症状を感じやすくさせるのです。
 

ただし日常生活に支障が出るほど酷かったり、痛み止めを服用しても改善しない場合は、病気が潜んでいることも考えられます。
 

子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などによるものが多く、症状は月経に伴う腹痛、腰痛、頭痛、下痢、発熱、悪心、嘔吐です。
 
 
放っておくと症状が悪化したり、不妊の原因にもなりかねないで、早めに婦人科を受診する必要があります。
 

②生理前に痛みが出る場合とは?

 

生理が始まる3~10日位前から心や身体の不調が起こることがあり、これをPMS(月経前症候群)と言いいます。
 

生理のはじまりとともに症状が軽くなるのが特徴で、くよくよ悩んだり几帳面な人、ストレスをためやすい人がなりやすいのです。
 

    PMSの症状
     

  • むくみ、頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状
  • 食欲不振、吐き気、めまい、倦怠感などの自律神経症状
  • 情緒不安定、抑うつ、不安、睡眠障害などの神経症状
  •  

 

ここまでは生理痛が酷い原因について説明してきましたが、次は酷い生理痛を緩和する対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.酷い生理痛を緩和する対処法とは?

 

②生活習慣を改善しよう!

 

生活習慣を見直すことが重要になってくるので、普段の生活の中でできることから対策をしていきます。
 

一番は冷やさないようにすることが大切で、特に腰回りと足下は腹巻きや膝掛け、厚手の靴下などで冷えないように工夫し、入浴の時も湯船にゆっくりつかると良いです。
 

生理中でも湯船につかっている間は水圧がかかり経血が出る心配はないので、イライラが続くときは好きな香りのアロマなどを使えば、リラックス効果もあります。
 

ただし頭痛が酷いときはシャワーで済ませるほうが良く、それは頭痛が酷いときに湯船につかると血液循環をよくなることで、血管を拡張させてしまうからです。
 

ほかには、ストレッチなどで軽く身体を動かすことで血行をうながされ、痛みが軽くなることもありイライラの解消にもなります。
 

②食事で気をつける事は?

 

ビタミンやミネラルを含む緑黄色野菜や小魚、海藻類、貧血対策に鉄分など栄養バランスの良い食事を心がけ、身体を温めるショウガやニラなども積極的に取り入れることが大切です。
 

ひじきや小松菜、ごまなど鉄分を多く取れるような、鉄分たっぷり簡単レシピを2つほど紹介します。
 

    ひじきトースト
     

    材料は、ひじき(スーパーのお惣菜でも良いです)大きめのスプーン1杯、食パン1枚で、作り方は次のようになります。
     

  • ひじきをフライパンで軽く炒めるかレンジで温めておく
  • 食パンにひじきをまんべんなくのせ、トースターで3分くらい焼き完成

 

    小松菜&じゃこ&ゴマおにぎり
     

    材料は、ご飯茶碗1杯分、小松菜葉っぱを4枚、じゃこおおさじ3、杯ゴマおおさじ2杯で、作り方は以下のとおりです。
     

  • 小松菜はゆでて水けをしっかりときり、みじん切りにする
  • ジャコとゴマを軽く炒める
  • 全て混ぜ合わたら、食べやすい大きさに握る

 

3.生理痛が酷い原因と対処法のまとめ

 

吐き気と腹痛の症状が出るのはプロスタグランジンの過剰分泌であることが多いので、生活習慣を見直すことがポイントです。
 

冷やさないように普段から気を付け、軽い運動をすることやバランスの良い食事をすることにも心がけるようにします。
 

セルフケアをしてもなかなか良くならないときは、他の病気が隠れていることも考えられるので、婦人科に相談することも大切です。
 

生理の相談をきっかけに、かかりつけの婦人科を探しておくと、その後も気軽に相談しやすくなります。
 

生理痛の対策し、吐き気も腹痛も解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】