お腹が痛くて下痢の症状があるのは、何の病気なんだろう……
 

下痢がつらいときは薬を飲んで安静にすることが効果的な場合もありますが、ストレスから症状が出ていたら気を付けた方が良いかもしれません。
 

なぜかというと普通の下痢とは違い別のところに原因があるので、薬を飲めば治るというふうに単純にはいかないことも多いからです。
 

ちゃんと原因を把握せずになんとなく対処してもいつまでも長引いてしまうので、正しい改善策を知っておくことが必要になります。
 

そこで今回はストレスが原因で下痢の症状が出る場合と対処法を見ていきましょう。
 

【スポンサードリンク】

1.ストレス性下痢の症状が出る過敏性腸症候群とは?

 

①過敏性腸症候群の下痢には3つの型がある!

 

ストレスによって腹痛や下痢の症状が引き起こされる原因として多いのが、過敏性腸症候群なのです。
 

主な症状は腹痛と便通異常で、腹痛は発作的にさし込むような痛みだったり、鈍い痛みがダラダラ続くこともあります。
 

症状の出かたには、交代型、下痢型、便秘型の3つがあり、交代型は下痢と便秘を交互に繰り返すのが特徴です。
 

下痢型は突然起こる下痢が特徴で、急にくる便意のせいで外出するのが心配になったり、そのとこがストレスとなり、病状を悪化させたりすることもあります。
 

便秘型は腸管がけいれんを起こして便が停滞し、便の水分がうばわれることで固くなり、排便が困難になったりするのです。
 

ほかには、便意を伴う場合は排便後に一時的に楽になり、睡眠中は症状がないという特徴もあります。
 

②他の症状が現れることもあるの?

 

    腹痛と便通異常以外の症状

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 動悸
  • 肩凝り
  • 睡眠障害
  • うつ病

 
なぜこのような症状が起きるかというと、過度の不安やストレスにより、自律神経にバランス乱れが生じるのです。
 

腸は第2の脳とも言われるほどに脳と神経によって密接に関連しているので、主な症状として腹部の異常が起こされます。
 

その他の症状も、自律神経がバランス上手く働かないことで起きているのです。
 

ここまでは過敏性腸症候群ついて解説してきましたが、次は過敏性腸症候群の対処法を見てい
きましょう。

【スポンサードリンク】

2.過敏性腸症候群の対処法は?

 

①食生活を見直し栄養をしっかり摂る!

 

過敏性腸症候群は精神的なストレスや生活の乱れによって引き起こされることが多いため、治すためには普段の食生活を改善することがポイントです。
 

下痢をくり返している場合は香辛料や冷たい飲食物、脂っこいもの、乳製品やアルコールなどの、下痢の原因になる可能性がある物を控えます。
 

便秘をくり返している場合は香辛料など刺激の強い食品は避けつつ、水分や食物線維を多く摂れるような食事を心がけることです。
 

ほかには、カルシウム不足はイライラのもとなので積極的にとることが必要で、カルシウムは神経の伝達に重要な役割を果たし神経細胞の興奮を抑える働きがあります。
 

乳製品や小魚類、豆腐などの大豆製品、小松菜などカルシウムを多く含む食品を意識的にとって気持ちをおだやかにさせることが大切です。
 

さらに、ビタミン、特にビタミンB1とビタミンCの不足もイライラのもとになるため多く取り入れら方が良く、具体的には次のようなものに多く含まれます。
 

  • カルシウム:桜えび、いわし、ししゃも、煮干し、しらす干し、バジル、かぶの葉、プロセスチーズ、牛乳、ヨーグルト
  • ビタミンB1:豚ひれ、豚もも、ベーコン、ハム 、たらこ、うなぎ、玄米
  • ビタミンC:ゆず、レモン、柿、キウイフルーツ、いちご、赤ピーマン、パセリ

 

バランスの良い食事をしっかり食べることが一番の予防で、その食生活と同じくらい大切なのが胃腸の健康管理です。
 

ストレスによるアルコールの飲みすぎや過食などで、胃腸に負担をかけないようにしたり、適度な運動で腸の働きを整えるように、心がけます。
 

②腸の働きを整える適度な運動とは?

 

適度な運動は腸の働きを整える効果が期待できるほか、気分転換・ストレス解消にもなり、具体的にはこのような運動が最適です。
 

  • ウオーキング
  • ジョギング
  • サイクリング

 

こういった一定の動きを繰り返す運動は、心のバランスを安定させる脳内ホルモンを分泌させるので有効といえます。
 

食事や運動が症状改善につながるのですが、症状が長く続いている場合は、薬物による治療もあるので専門の医師へ相談することが大切です。
 

3.お腹が痛くて下痢の症状が出る原因と対処法まとめ

 

過敏性腸症候群が引き起こされる原因はストレスなので、普段の生活を見直して整えていくことが改善につながります。
 

ストレスを溜めないように日ごろからリフレッシュできる活動をしたり、リラックスできる時間を作ることも大切です。
 

また、栄養のある食べ物を取り入れたり、場合によっては病院で検査してもらうことも必要になります。
 

セルフケアで改善できそうならそれが一番ですが、症状に不安があるときは迷わずに専門の医師に相談した方が良いです。
 

ストレスを解消して、腹痛や下痢も治していきましょう!
 


【スポンサードリンク】