クミコ

のどの痛みに効く市販薬を教えてください!


 

のどが痛いときはまずはうがいをしてウイルスを除去することが先決ですが、それだけではなかなか治ってくれません。
 

風邪の場合は引きはじめが肝心なので、薬を使って早めに治すことができれば一番です。
 

そのためにも、どの薬が効くのか知っておけば安心ですよね。
 

市販薬の他に抗生物質はどのタイミングで使えばいいのか分からないという人も中にはいるのではないでしょうか?
 

そんなときでも迷わずに判断できるように、今回はのどが痛いときに効果的な市販薬と抗生物質の正しい使い方を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

1.のどの痛みに効く市販薬は?

 

のどの痛みには種類があり、
 

  • のどの粘膜に炎症を起こす咽頭炎
  • のどの奥が真っ赤に腫れあがる扁桃炎


 

の2つが主なタイプです。
 

細菌感染による炎症で、どちらも悪化すると頭痛や発熱といった症状が出てくる場合も少なくありません。

①一般的な市販薬

 

できることなら、病院のイスに座って延々と待ち時間を過ごしたりしたくないですよね。
 

のどが痛いだけで他の症状がまだ出ていなければ、早めに市販薬を使い痛みを緩和させることで、ひどくならずに済むかもしれません。
 

そこで実際にどのようなものが良いのか、市販薬で特に効果的なものをまとめてみました。

・ペラックT錠

のどの炎症を抑えるトラネキサム酸に、カンゾウ乾燥エキスと3種類のビタミンを配合した薬で、のどの腫れや痛みを抑える効果があります。
 

7歳以上から服用可能で、抗ヒスタミン剤を配合していないため副作用で眠くなることもありません。
 

のどが痛くなったときのために、普段から常備している方も多いそうです。

・トラフル錠

 

トラフル錠は、抗炎症成分トラネキサム酸により炎症のもとに作用して痛み・はれを鎮める効果がある薬です。
 

炎症を抑えるカンゾウ乾燥エキスと、皮膚や粘膜の機能を正常に働かせるビタミンB2・B6・Cが配合されており、7歳以上から服用できます。
 

口内炎の薬として使われることも多いので、もしかしたら飲んだことのある方もいるかもしれませんね。
 

炎症系に効きそうなイメージの薬として広まっている面はあります。

・イントウェル内服カプセル

 

鎮痛成分イブプロフェンが配合されているため、のどの痛みに早く効き、抗炎症成分トラネキサム酸配合が炎症を起こしている患部に効果的に作用します。
 

つらいのどの痛み(咽頭痛)や熱に体の中からしっかり効く内服薬で、15歳以上から服用できる飲みやすいソフトカプセルです。

・ロキソニンS

 

ロキソプロフェンナトリウム水和物が、

痛みや熱の原因物質をすばやく抑え鎮痛効果・解熱効果を発揮します。
 

眠くなる成分は含まれておらず、1回1錠で15歳以上から服用可能です。
 

使用に当たって気を付けなければならないことがあります。
 

それは、胃の弱い方はダメージを受けやすいという点です。
 

ロキソニンSは痛みを抑える薬として幅広い効能を発揮してくれる一方で、飲み込んだ薬を消化する際の胃へのダメージも少なくありません
 

もしも胃があまり丈夫じゃないという方は、無理せずに他の薬を選んでください。
 

②のどの痛みに効く漢方は?

 

漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲むことになっていて、顆粒(小さいつぶ)はお湯で溶かして飲むほうが効き目がありますが、胃がむかつくときは水で飲んでも大丈夫です。

・葛根湯(かっこんとう)

 

漢方といえば葛根湯、という方も多いのではないでしょうか?
 

漢方薬としてポピュラーですし、愛用しているなんて方もいるかもしれません。
 

葛根湯は特に風邪の引きはじめで発熱して体がゾクゾクして悪寒がとれないような症状のときに、発汗作用で体の熱や腫れあるいは痛みを発散して治してくれます。
 

熱が出て熱いはずなのに体は震え、布団を何枚もかぶってもなかなか収まらない悪寒。一刻も早く楽になりたいですよね。
 

こういった症状を自覚していて、のどの痛みの原因が風邪の場合は、根本からの改善が見込める葛根湯を飲んでみてください。
 

・甘草湯(かんぞうとう)

 

甘草湯は、漢方の古典といわれる中国の医書「 傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です。
 

漢方というと、いろいろな薬草をすり潰してミックスさせるイメージを持っている方も多いかもしれません。
 

この甘草湯はちょっと特殊で、成分が甘草のみという実にシンプルな配合となっています。
 

しわがれ声やのどの痛みの人に適していて胃痛にも効果があり、痛みを緩和する働きがあるので、のどの痛みや激しい咳き込みを沈めてくれますよ。

・桔梗湯 (ききょうとう)

 

桔梗湯は「金匱要略(キンキヨウリャク)」「傷寒論(ショウカンロン)」に収載されている薬方です。
 

扁桃炎・扁桃周囲炎などのどが腫れている人に向いていて、

口内炎にも効果があり、化膿を抑えのどの腫れを改善します。

・銀翹散(ぎんぎょうさん)

 

銀翹散は『温病条弁[ウンビョウジョウベン]』に収載されている銀翹散という薬方を基本に創られた処方です。
 

のどや体表の炎症を冷やしながら風邪によるのどの痛みを抑え、

風邪による頭痛・せきなどの症状にも効果があります。
 

おすすめの飲み方はコップに粉末を入れておき、お湯を入れて一緒に飲む方法です。
 

一気に飲むのではなく、時間をかけて少量ずつ取り入れていく形で飲んでみてください。
 

じわじわと浸透していくので、胃に負担をかけずに済みますし、いっぺんに飲むときよりも効果が期待できますよ。
 

 

ここまではのどの痛みに効く市販薬を紹介してきましたが、次は抗生物質を使うときの注意点や民間療法で効果的なものを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.市販薬以外でのどの痛みに効果的な方法は?抗生物質の使い方も知っておこう!

 

抗生物質は万能の薬というイメージを持っている方もいると思いますが、正しい使い方を知っている人はどれくらいいるでしょうか?

①抗生物質は安易に使うと危険?

 

「のどが痛いときは抗生物質を使えばすぐに治る」と思っている人も多いかもしれません。
 

実際、抗生物質には強力な殺菌作用があります。
 

しかしのどの痛みの原因が感染症でなく、殺すべき菌類がいないのであれば、実は抗生物質の服用は必要ないのです。
 

それどころか、副作用で胃を荒らし腹痛や吐き気などをもたらすことになりかねないので、症状がのどの痛みだけなら、痛み止めやトローチなどの処方で済ませたほうが良いといえます。
 

「じゃあ抗生物質はいつ使ったらいいの?」と疑問を持つ方もいると思います。
 

のどの炎症が悪化すると、細菌感染が原因で頭痛や発熱をともなう場合があり、このようなときは抗生物質の服用が必要になりますので、いま出ている症状の重さに応じて上手に使い分けをしてみてくださいね。

②民間療法

 

のどが痛いときに効果のある民間療法を次に紹介していきます。
 

・ネギ湿布の作り方

 

風邪を引いたときはネギ。日本にも昔から伝わっている伝統的な民間療法と言え、どの家庭でも手軽に入手できることから、誰でも気軽に試せるうえにのどの痛みに対して効果バツグンの療法と言っても過言ではありません
 

具体的な作り方は、

  1. ネギを10cm程度の長さに切り、縦に切り開き、弱火で焼く
  2. 焦げ目がつき、ジュワっと水分が出てきたらガーゼに並べて包みこむ
  3. 温かいうちにのどに巻く

 

この3ステップになります。
 

ネギの匂いの成分に消炎や殺菌作用があるので、より近くで吸収するためにも、直接のどに巻くのが効果的です。
 

・たまねぎ

 

  1. たまねぎをスライスまたは、半分切る
  2. 枕元に置いておく

 

玉ねぎを切って置いておくと、空気に触れて性質が変化し、鼻やのどの粘膜を殺菌して症を鎮めてくれるので、のどの痛みが和らぎます。
 

ねぎを切るとよく目に染みることがあると思いますが、これは健康的にはむしろ良いことで、悪い菌が涙と一緒に流されていると考えるといいかもしれません。
 

また玉ねぎの匂いには精神を安定させ安眠を促す効果もあるので、いつもよりぐっすりと眠れますよ。
 

のどが痛いときに効果のある市販薬と抗生物質の使い方のまとめ

 

のどの痛みに効く市販薬は基本的に副作用で眠くなりますが、眠気が起きないタイプもあるのでその時の自分に合うものを選んでみてはどうでしょうか?
 

抗生物質は軽い症状の場合は使わないほうが良く、

頭痛や発熱でどうしても苦しいときにだけ飲むようにすると間違いがありません。
 

もし市販薬だけではなかなか治らなかったり不安になったりしたときは、迷わずお医者さんに相談してみてくださいね。
 

市販薬と抗生物質を正しく使って、のどの痛みを解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】