のどが痛いけど、原因が分からない…
 

のどが痛むとき最初に疑うのは風邪ですが、実はそれだけではなく他にもいろいろな原因によって痛くなることもあるんです。
 

とりあえずのど飴をなめてみたものの、すぐに治るというわけでもないし何か良い治し方がないか悩んでしまう…というのが実際のところだと思います。
 

ちゃんと原因が判明したうえで正しい対処法を試せば案外早く治るものなので、これからのどが痛くなる原因と効果的な治し方を見ていきましょう。
 

1.のどが痛くなる原因と対策

 

一年中常にのどは刺激を受けていますが、のどが痛くなる原因を季節ごとに紹介していきます。
 

①のどが痛くなる季節ごとの原因とは?

 

・春の花粉症

 

春にのどが痛くなる原因として考えられるのは花粉症ですが、スギやヒノキのほかに園芸植物でアレルギーが出ることもあります。
 

症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、涙くしゃみなどが多く、耳がかゆくなることもあるのです。
 

花粉症によるのどの痛みはアレルギー性咽喉頭炎で、のどそのものがやられる場合もありますが、のどにまで落ちてきた鼻水や鼻汁がのどの粘膜を傷めウイルスや細菌が繁殖して炎症を起こす場合もあります。
 

対策は、窓を閉めたり空気清浄器を使ったり花粉に触れないよう気をつけ、なるべく外出は控え外出をしなければならない際にはマスクや花粉症用のメガネ、帽子などで防備することが大切です。
 

また、のどについた花粉やほこりを除去するため外から帰ったらうがいをしたり、水筒やペットボトルにお茶などを入れて持ち歩き、うがいをしたり飲んでのどを潤すことものどを守ることにつながります。
 

・初夏の花粉症や夏風邪

 

初夏の花粉症

 

5月になっても症状が治まらないときは別の花粉アレルギーを起こしている可能性があり、その原因となるのはカモガヤ、オオアワガエリ、スズメノテッポウなどです。
 

スギに比べれば花粉が飛ぶ量が少なく範囲も狭いためスギ花粉ほどではないのですが、この時期に鼻水などが続く場合は花粉症の可能性があります。
 

対策はスギのときと同じくマスクや花粉症用のメガネ、帽子などで防備することで、これらはスギと違い雑草なので身近に生えている場合には草取りをすることも有効です。
 

夏風邪

 

日本の夏は高温多湿でのどには条件のよい季節ですが、その高温多湿は微生物にとっても繁殖しやすい条件であるため、細菌やウイルスが原因で風邪を引くこともあります。
 

のどの症状をともない、お腹にくる風邪ともいわれ、有効な対策はクーラーのかけ過ぎに注意したり、しっかり食べて夏バテ予防し夏風邪にかかりにくくすることです。
 

・秋の花粉症

 

関東地方では8月中旬からはブタクサ、オオブタクサ、9月からはカナムグラ、ヨモギ、セイタカアワダチソウなどの花粉が飛び散ります。
 

対策はスギ花粉と同じですが、ブタクサの花粉はとくに粒子が小さいため気管に入りやすく、喘息症状を引き起こすこともあるので注意が必要です。
 

・冬は風邪とインフルエンザ

 

乾燥する日本の冬は、のどにとっては大敵の季節です。
 

風邪の原因となるウイルスや細菌は一年中いるのですが、特に冬は乾燥で鼻やのどが乾き寒さによって体の抵抗力が下がります。
 

風邪の対策としては、外出から帰ったらうがい手を洗いをして暖房による部屋の乾き過ぎにも注意し、加湿器を使って湿度を上げる工夫も必要です。
 

インフルエンザの予防は、はやっている時はできるだけ人込みに行かないようにしたりワクチン注射を受けたりすることで出来ます。
 

②季節以外での原因

 

・カラオケ

 

ときどき大きな声を出すことは、声を出すための筋肉や肺などの呼吸器官が刺激により活性化されるのでのどの健康から見るとよいことですが、歌い過ぎには逆効果になります。
 

さらに、換気がよくない狭いスペースでタバコを吸いながら歌う、またはタバコを吸う人のそばにいるというのは避けたほうが良いです。
 

できるだけよい環境で、飴やトローチなどでのどを守ることも大切になります。
 

・お酒やタバコ

 

アルコール度が高いお酒はのどだけでなく食道も傷つけ、のどが腫れて炎症があるときにアルコール類を飲むと、血管が広がるため充血して悪化するおそれがあるのです。
 

タバコにはニコチンやタールをはじめ何百種類という有害ガスが含まれているといわれており、皮膚のような防御力のない鼻や口、のどの粘膜が直接それらにさらされるため痛くなります。
 

 

ここまではのどが痛くなる原因について考えられるケースを見てきましたが、次はのどが痛くなったときの治し方を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

 

2.のどが痛くなってしまった時の対処法

 

①お茶うがいは殺菌効果が高い

 

カテキンの殺菌作用が細菌やウイルスを除去し、のどを湿らす効果もあるので飲むだけでも有効です。
 

ほかには、塩水や紅茶も細菌やウイルスを除去することが出来ます。
 

②ネギを使ってのどを温める

 

首やのどを温めることで菌の繁殖を防ぎのどの腫れや痛みを緩和してくれます。
 

ネックウォーマーが手元にあれば良いのですが、ない場合でもネギ湿布なら温める効果がありのどの痛みの緩和効果もあります。
 

・ネギ湿布の作り方

 

  1. ネギを10cm程度の長さに切り、縦に切り開き、弱火で焼く
  2. 焦げ目がつき、ジュワっと水分が出てきたらガーゼに並べて包みこむ
  3. 温かいうちにのどに巻く

 

首には大きな血管があるため、首の血管を温めることで全身まで温める効果があるのです。

③のどに良い食べ物を取り入れる

 

生姜、大根、れんこん、ゆず、はちみつなどは、どれものどの痛みに効果抜群の食べ物で、おろし汁をお湯割って飲んだりお粥にいれたりと使い方はいろいろです。
 

ここではのどの痛みに特に効果のある食べ方を1つ紹介します。
 

・はちみつ大根

 

入れ物にひと口大にカットした大根を入れ、かぶるくらいのはちみつを入れ一晩置くだけで手軽に作れます。
 

もし一晩も待てないというきには、大根をスライスしたもので作ると早く出来るので、試してみるといいかもしれません。
 

④のどの痛みに効く薬

 

・桔梗湯(キキョウトウ)

 

キキョウとカンゾウの2種類で作られた漢方薬で、ぬるめのお湯に溶いてうがいしながら飲むと効果的です。
 

キキョウは秋の七草として名高いキキョウの根で、気道の粘膜の分泌促進と泡立ち作用があるサポニンを含むため、適量を飲むとタンが出やすくなります。
 

カンゾウはマメ科の多年草で、グリチルリチンという成分に咳止めや抗炎症などの作用のほか、免疫力を高めたり肝機能を高めてその解毒を助ける働きなどの薬効があります。

また、もう一つの主成分であるフラボノイドにも咳止めや利尿作用があります。
 

・龍角散

 

龍角散にもキキョウが使われており、顆粒(小さな粒)を口の中で、ゆっくり溶かしながらのどの方へ流し込んでいくと、のど痛みが和らぎます。
 

水なしで服用できる顆粒タイプで、3か月の赤ちゃん以上なら誰でも使えます。
 

龍角散はすべて漢方薬で作られているので妊娠中の方でも、せきやのどの不快な症状を和らげるくらいの量を飲む程度ならお腹の赤ちゃんには影響ありません。
 

ただ、長期的に摂取するのは避けたほうが良く、長引くようであればかかりつけのお医者さんに診てもらうことが大切です。
 

3.のどが痛い原因と効果的な治し方のまとめ

 

のどが痛い原因は季節や状況によっても違ってくるので、自分がどの症状に当てはまるのかチェックしておくことが必要となります。
 

また、のどの痛みを治すときは、うがいだけでなくのどに良い食べ物を取り入れたり、薬を使うことも大切です。
 

のどが痛くならないように日ごろから少し注意するだけでも違ってくるので、いつもよりのどに気をつかってみると良いかもしれません。
 

しっかりとケアして、のどの痛みを治していきましょう!
 


【スポンサードリンク】