猛暑日を乗り切るためにはどうすればいいですか?
 

猛暑日が続くと、暑さでバテたり、熱中症も心配ですよね。
 

熱中症というと昼の暑い時に運動をしたり、炎天下の中で作業をしたりすることで起こるイメージですが、実際には日常生活の中で起こる熱中症も多くあります。
 

もし暑さが和らぐ効果的な対策を知っていれば、熱中症の予防にもなっていくので、ポイントをおさえておくことが大切です。
 

そこで今回は熱中症予防と猛暑日対策について見ていきましょう。
 

【スポンサードリンク】

1.熱中症を予防しよう!

 

①熱中症はどうして起こるの?

 

熱中症を引き起こす原因は、気温の高い環境にいることで体温を調節する機能が狂ったり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたりすることです。
 

運動や作業をすると私たちのからだの中で熱が生まれ、同時に体温が上がったら汗をかき、その汗が蒸発するときにからだの表面から熱を奪うことで、上がった体温を下げようと働きます。
 

人の身体は自律神経の働きによって、体温が上がり過ぎたときには末梢の血管が拡張し、皮膚に多くの血液が流れ込むことで熱を外に出すのです。
 

ところがあまりに暑い環境に長くいると、体温調節機能が乱れて体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇します。
 

また、急激に大量の汗をかくことで、体内の水分と塩分が失われてしまうのです。
 

それが筋肉や血流、神経などからだのさまざまな部分に影響をおよぼし、めまいや頭痛、けいれん、意識障害などの症状となります。
 

・熱中症の原因

  • 環境の要因:気温や湿度が高い、風が弱い、日差しが強い
  • からだの状態:激しい運動などにより体内でたくさん熱が産生された、暑さにからだが慣れていない、疲れや寝不足、病気などで体調がよくない

 

・熱中症になりやすい時期と場所

 

熱中症は、重症化すると命にかかわることもあるので、日常生活の工夫やちょっとした注意を心がけることが大切です。
 

  • 注意が必要な時期
    梅雨の晴れ間や梅雨が明けてすぐ、しばらく涼しい日が続いた後急激に暑くなった日
  • 注意が必要な場所
    運動場、公園、海やプールなど、強い日差しが当たる屋外
    駐車場に止めた車の中、体育館、気密性の高いビルやマンションの最上階
    浴室、トイレ、寝室などの家庭内の風通しの悪い室内

 

②暑さ指数を活用して予防する!

 

暑さ指数とは、むし暑さをわかりやすく数値化した温度の指標で、WBGT(湿球黒球温度)といいます。
 

乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計を使って計算され、熱中症の危険度を判断する数値として、環境省では平成18年から情報提供しているのです。
 

例えば気温が25度でも湿度が高いと、WBGTは28度ということになります。
 

・WBGTと生活活動の目安

  • 31℃以上(危険、気温35℃以上):高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きく、外出はなるべく避け涼しい室内に移動する。
  • 28~31℃(厳重警戒、気温31~35℃):外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
  • 25~28℃(警戒、28~31℃):運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
  • 25℃未満(注意、24~28℃):一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある。

 
ここまでは熱中症予防について説明してきましたが、次は猛暑日対策を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.猛暑日対策をしよう!

 

①建物の外側での対策とは?

 

  • すだれや緑のカーテン
  • 日射遮蔽フィルム
  • 打ち水

 

すだれは空気の層を利用して熱を通しにくくするので、部屋の中が暑くなりにくいという特徴があり、窓を開けているときに、風を通すため、部屋を涼しくすることができます。
 

緑のカーテンは、窓など建築物の外側に生育させることで、夏の高温時に太陽光の遮断と断熱、植物葉面からの蒸散による気化熱を利用して、建築物の温度上昇を抑えることができるのです。
 

葉がよく茂り高く這い登るツタ、手軽さからアサガオ、食べる楽しみもあるキュウリやトマト、比較的病害虫に強く栄養価も高いゴーヤもよく用いられています。
 

窓ガラスに省エネ・断熱フィルムを貼ることで室内に入る熱を抑え、また暑さ対策だけでなくエアコンの節電にも効果です。
 

早朝や夕方に打ち水することで路面温度が10℃程度低下し、人が路面から受ける放射熱を減らすことができ、特に夕方に行うと、夜間まで路面温度の低下効果が持続します。
 

②建物の内側での対策とは?

 

  • 外から帰ったら締切っていた窓や扉を開放する
  • 発熱源を減らす
  • 植物や風鈴を窓際に飾る

 

猛暑日の昼間に締め切った部屋では、熱を溜め込み室温は40℃を超える事もあるため、外から帰ったら締切っていた窓や扉を開放し空気を入れ替え、室内の温度を下げます。
 

テレビやパソコンなどの電化製品からは熱が出ていて、使わない時は消すことで、暑い空気を作る原因を減らし節電にもなるのです。
 

植物を窓際やベランダに並べると植物が日差しを遮り、さらに葉っぱや土から蒸発した水分が気化する際に温度を下げてくれます。
 

風鈴の音色が響くのは風が吹き抜けたからであり、見えない風を風鈴の音で聞くことで、涼を感じているのです。
 

3.熱中症予防と暑熱環境下対策のまとめ

 

暑い環境に長くいると体温調節機能が乱れて、熱中症を引き起こす原因になるので、そういった環境を避けるようにします。
 

環境省から情報提供している暑さ指数を生活活動の目安にするのも、ひとつの方法です。
 

猛暑日には打ち水や植物や風鈴を窓際に飾るなど、ちょっとしたことでも違ってくるので、試してみるといいかもしれません。
 

少しでも涼しくなるように工夫して、暑い夏を乗り切っていきましょう!
 


【スポンサードリンク】