夏風邪で流行するウイルスの正体はなんですか?
 

風邪といっても種類があり、くしゃみ、鼻水や下痢、のどの痛みがするものなどさまざまです。
 

症状がつらく重いものもありますが、初期段階のうちに対応すれば早く改善出来る場合もあります。
 

そのためには、夏風邪にはどんな特徴があるのか、またどんな栄養素をとればいいのか知っておくことが大切です。
 

そこで夏に流行するウイルスの正体とのどが痛い時の食べ物を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.夏に流行するウイルスの正体とは?

 

①夏風邪は高温多湿を好むウイルスが原因だった!

 

風邪を引く原因はウイルス感染によるものがほとんどで、ウイルスは寒くて乾燥した空気を好むため、風邪は冬場に多いのです。
 

しかし一部には高温多湿の環境を好む種類のウイルスもいて、その代表がエンテロウイルスやアデノウイルスで、夏の暑くて湿度の高い環境を好み、夏に流行する風邪があります。
 

エンテロは「腸」、アデノは「のど」の意味で、名前のとおり発熱に加えて腹痛や下痢、のどの痛みなどの症状が特徴です。
 

これらのウイルス達は、まず鼻や喉の粘膜から侵入し、呼吸器や腸内で増殖していきます。
 

エンテロウイルスは腸で急速に増殖するため、夏の風邪がお腹に来る風邪といわれるのはこのためです。
 

またアデノウイルスは呼吸器で増殖するため、のどの痛みや咽頭炎などを引き起こし、食べ物や飲み物がのどを通らなくなることもあります。
 

このように、冬風邪と夏風邪では風邪の原因となるウイルスの特徴が大きく異なるため、感染した時に出る症状にも違いがあるのです。
 

・冬風邪と夏風邪の違い

 

  • 冬風邪の症状:くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、発熱など
  • 夏風邪の症状:発熱、腹痛、下痢、のどの痛みなど

 

②のど痛の原因アデノウイルスとは?

 

夏場の屋外プールなどで広く感染するケースが多いことから咽頭結膜熱、いわゆるプール熱の原因となるウイルスです。
 

実際はプールの水だけでなく、飛沫感染や接触感染などによっても、感染する強い感染力のウイルスで、口、鼻や喉の粘膜、あるいは、眼の結膜から体の中に入り込んで感染します。
 

大人にかかることもあるが、おもに幼児から学童にかけての子どもにかかりやすい疾患です。
 

アデノウイルスは、感染力が非常に強く、手指や飛沫を介して感染するので、手洗い・手指消毒やうがい、身の回りの消毒を行うことが大切です。
 

・主な症状

 

  • 発熱
    38~40度くらいの熱が1週間くらい続くこともある。
  • 咽頭炎
    咽頭から扁桃が赤く腫れあがり、のどの痛みも強いため食欲が落ちたりする。
  • 眼症状
    結膜炎による眼の炎症が見られ、眼のかゆみや痛み、目やにが出るなどが、通常は片眼から始まり両眼に広がる。

 

のどの痛みが強くあまり食べられないときや、38度以上の熱が3日以上続くときは、一度診察を受けていても、早めにもう一度診察することが大切です。
 

ここまでは夏に流行するウイルスの正体について説明してきましたが、次は夏風邪でのどが痛い時の食べ物を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.夏風邪でのどが痛い時の食べ物を知っておこう!

 

①のどの痛みをやわらげる働きがあるミョウガ

 

ミョウガの味の辛味成分には強い抗菌作用があるので、熱からの体の不調、口内炎やのどの痛みをやわらげる働きがあります。
 

・ミョウガのうがい液

 

材料は、ミョウガを3~4個、同量の酒、ガーゼ で、作り方はこのようになります。

  1. ミョウガを3~4個ガーゼに包んでつぶす。
  2. しぼり汁をとりる。
  3. 同量のお酒を加える。

 

のどがはれて痛いときはミョウガのうがい液で一日数回うがいをすると良いです。
 

②粘膜を丈夫にするシソ

 

シソに含まれているβ-カロテンは、体内でビタミンAとして働き、皮膚・粘膜を丈夫にすることでウイルスから体を守ってくれる役割を果たしています。
 

・シソ寒天

 

材料は、シソジュース200cc、粉寒天4g、水400cc、ヨーグルトお好きな量で、作り方はこのようになります。
 

  1. 鍋に水400ccをいれ粉寒天を降りいれ、火にかける。
  2. かき混ぜながら沸騰させる。
  3. 沸騰したらシソジュースを入れ、味をみて足りなければ砂糖や酢を入れる。
  4. あら熱を取り冷蔵庫で冷やす。
  5. 器にヨーグルトを入れ固まった寒天をサイコロに切ってのせる。
  6. シソジュース(分量外)をうえから回しかける、お好みで甘さは調節。

 

ゼリー状にすることで、冷たくてさっぱりしたのど越しになります。
 

③炎症や痛みをやわらげる作用があるナス

 

ナスにはプロテアーゼインヒビターと呼ばれる物質が含まれ、炎症や痛みをやわらげる作用があり、胃炎や口内炎、関節痛、神経痛、のどの痛みにも有効です。
 

・めんつゆでナスの煮浸し

 

材料は、ナス3〜4本、しょうがチューブ3cm、2倍濃縮のめんつゆ80cc、水160cc、砂糖小さじ1で、作り方はこのようになります。
 

  1. ナスのヘタを取り縦半分に切って斜めの切込みを入れる。2等分か3等分くらいにする。
  2. 皮を下にしてフライパンで少し焼き目をつけひっくり返し薄めためんつゆ、砂糖、しょうがを入れ蓋をして10分程弱めの中火で煮る。
  3. 火を止めて少しの間放置、味がしみこんだら完成。

 

トロトロに煮込んだナスを冷やすと、さらに食べやすくなります。
 

④粘膜を保護する働きがあるモロヘイヤ

 

モロヘイヤに含まれるムチンには粘膜を保護する働きがあり、ビタミンCやビタミンEには風邪などのウイルスの抵抗力を高める働きがあります。
 

・モロヘイヤのかき玉スープ

 

材料は、モロヘイヤは葉のみ40g、水400cc、チキンコンソメ1、個卵1個塩、こしょう少々、ごま油少々で、作り方はこのようになります。
 

  1. モロヘイヤは葉を摘み取り、水洗いしてからザク切りにする。
  2. 卵は割りほぐし、塩、こしょうを混ぜておく。
  3. 鍋に水、チキンコンソメを入れ中火にかけ、沸騰したらモロヘイヤを加え、さっとひと煮立ちさせる。
  4. 卵を廻し入れ、卵がふんわり半熟になったら、塩、こしょうで味を整え火を止める。
  5. 器に盛り付けて、ごま油を少々落として出来上がり。

 

飲み込むのもつらいのど痛に、モロヘイヤの葉のとろみが優しく浸透していきます。
 

3.流行するウイルスの正体とのどが痛い時の食べ物のまとめ

 

夏風邪でのどが痛くなるのはアデノウイルスが原因で、感染力が非常に強く手洗い・手指消毒やうがいを行うことで予防になります。
 

のどが痛い時にはみょうがのうがい液で一日数回うがいをすると良く、シソやナス、モロヘイヤといった食べ物を取り入れるのも、のどの痛みに有効です。
 

普段の食事を変えることで夏風邪予防にもなるので、早速試してみるといいかもしれません。
 

しっかり栄養をとって、夏風邪を改善していきましょう!
 


【スポンサードリンク】