夏風邪が治りにくい原因はなんですか?
 

普通の風邪なら、部屋を暖かくして栄養と睡眠をしっかりとって休んでいれば治るものですが、夏風邪となるとそうはいきません。
 

というのも、夏バテによる免疫力の低下によって夏風邪にかかることがあり、それを知らずに冬の風邪と同じ対処をしていると、こじらせたり長引かせてしまったりするのです。
 

とくにエアコンの冷やし過ぎは、風邪をひきやすく治りにくくしでしまうので、適度に使用した方が病気知らずで、より快適な夏を過ごせます。
 

では具体的にどういった使い方が良いのか夏風邪が治りにくい原因を見ていきます。

【スポンサードリンク】

1.冷やし過ぎは風邪をひきやすく治りにくくします!

 

①夏風邪が治りにくい原因はエアコンのせい?

 

快適さを追求するあまりエアコンの室温を下げすぎてしまうと、室内と室外の気温差・湿度差が大きくなり、そのことで体温調節が出来なくなり、自律神経が乱れ体力が消耗します。
 

さらに清涼飲料水やアイスクリームなどの過剰摂取により、胃腸が冷やされ免疫力が低下して、風邪のウイルスが腸内で増えやすい環境になってしまうのです。
 

夏風邪が長引くいのもそのためで、冷やし過ぎは風邪をひきやすく治りにくくしてしまいます。
 

しかし、冬期の風邪のように部屋を暖かくして湿度を上げて汗を出す治し方は、夏の風邪では脱水症状を起こすので決していいとは限りません。
 

夏風邪の時は、除湿を中心に軽くエアコンをかけて、冷えすぎにないように適温適湿度にし、余分な湿気を体から追い払うようにします。
 

お腹の腸の動きを低下させないため、お腹にはタオルケットをかけ、体力をつけ免疫力低下を防ぐために、睡眠を十分にとることも大切です。
 

②夏風邪予防のためにもエアコンの正しい使い方を知ろう!

 

・風量設定を自動にしておく

 

風量設定を自動にしておくと、部屋が冷えるまでは強風でその後は微風というように、一番効率よく部屋にいる人が心地よく感じるように風量を調整してくれます。
 

エアコンはスイッチを入れてすぐのとき多くの電気を使うため、微風や弱風のままにしていると部屋が冷えるまでの時間が長くなって、結果的によけいな電気を使うことになるのです。
 

風量設定を自動にしておくことは、人が心地よく感じ、省エネにもなります。
 

・体感温度を下げるようにしてみよう

 

エアコンをつけていても暑いと感じたときは、同じ温度のままでも風があるときのほうが涼しく感じるので、扇風機をいっしょに使います。
 

弱い風量でも体が冷えすぎてしまうことがあるので、扇風機をあまり近くに置かないことがポイントです。
 

風量を弱にしても風が気になるときや、寝るときに使う場合は、扇風機を部屋のかべや天じょうに向けて使えば、風がかべや天じょうに当たってはね返り、やわらかい風になります。
 

リビングのとなりにある和室や、細長い部屋のすみにも扇風機を使ってとなりの部屋や部屋のすみまで、エアコンの冷たい空気を送るようにすると良いです。
 

これなら、エアコンの設定温度を下げるより使う電気も少なくてすむし、冷えすぎて寒く感じることもなくなります。
 

ここまでは夏風邪が治りにくいのはエアコンのせい?について説明してきましたが、次は冬期の風邪とは違う夏風邪の対処法とは?を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.冬期の風邪とは違う夏風邪の対処法とは?

 

① 夏風邪は漢方薬の出番です!

 

夏風邪では、冬期の風邪のようなぞくぞくと寒気がしてくしゃみが出るといった症状はほとんどありません。
 

暑さでバテてて食事がしっかりとれていなかったり、冷たいものの飲みすぎにより胃腸が弱ったりしているので、吐き気や下痢などの胃腸症状が起こりやすいのです。
 

このようなタイプの風邪には、体のバランスの乱れを整えるのが得意な漢方薬の出番ということになります。
 

ただし、体を温める葛根湯はあまり向いていなく、気温が高い季節には頭がボーとしてしまい、暑気あたりを起こしていたりするとなおさら風邪を悪化させてしまう場合があるのです。
 

夏風邪には、下記のような漢方薬が向いています。
 

・夏の胃腸風邪には藿香正気散(カッコウショウキサン)

 

藿香(かっこう)は発汗作用や湿気をとって胃腸の調子を整える作用があり、この処方の主薬です。
 

このほかにもしそ、しょうが、陳皮などの湿気をとるもの、利尿作用があるもの、嘔吐作用のあるものなどが配合されています。
 

暑さによる全身倦怠や食欲不振・下痢などの症状に適した漢方薬です。
 

・唾を飲んでも痛いのど痛には、桔梗湯(キキョウトウ)

 

生薬は桔梗(キキョウトウ)と甘草(カンゾウ)の2種類のみで、桔梗は痰や化膿をとり、甘草は炎症や痛みをやわらげ、これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。
 

扁桃炎や咽頭炎などで、のどが腫れて発赤し、痛みをともなうときに適した漢方薬です。
 

・長びく風邪で腹痛や下痢伴うときには柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)

 

9種類の生薬からなり、柴胡(サイコ)と黄ごん(オウゴン)の組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まります。
 

桂皮(ケイシ)は熱や痛みを発散させ、半夏(ハンゲ)は胸のつかえ感や吐き気をおさえる生薬です。
 

そのほか、痛みをとる“芍薬”、滋養作用のある“人参”、炎症や痛みを緩和する“甘草”などが配合されています。
 

長びく風邪で 微熱・寒け・頭痛・腹痛を伴うはき気などの症状に適した漢方薬です。
 

②回復のためのポイントとは?

 

基本的には夏風邪のウイルスに対する薬というのはなく、できるだけしっかりと栄養をとり、普段より多くの睡眠をとり免疫力を高め、ウイルスと戦う体力を付ける事が大切です。
 

下痢や腹痛で食欲が低下してたり、喉に痛みを伴う時は、刺激がなく消化のよい食事を少しづつとり、大量の汗をかいても脱水症状にならない様に、水分補給に心がけます。
 

また喉や口の中が痛すぎて食事や水分が摂れないような時は、医師の診察を受け、脱水状態にならないよう点滴などの対処をしてもらうことも必要です。
 

ちなみに下痢しているときのレシピに迷っている…という人は、こちらの記事で詳しく紹介しています。
 

【胃腸風邪で下痢しているときの対処法とは?腸にやさしい食事を紹介します!】
 

3.夏風邪が治りにくい原因と対処法のまとめ

 
室内と室外の気温差・湿度差が大きくならないよう、除湿を中心に軽くエアコンをかけて、冷えすぎにないように適温適湿度にするのが、体のためには最適といえます。
 

日ごろから体を冷やすものは控えたり扇風機を活用することで、夏風邪予防になるので、少しづつ取り入れていくといいかもしれません。
 

また夏風邪には漢方薬を使えば、体力回復も効果あり、胃腸の調子を整える効果がある藿香正気散(カッコウショウキサン)が有効です。
 

エアコンを正しく使い、夏風邪を治していきましょう!


【スポンサードリンク】