暑さで体がだるい、食事が食べれない…
 

夏の暑さで食欲が落ちてしまうこと、ありますよね。
 

冷たいものばかり食べていいというわけでもなく、しっかり栄養をとりたいのが実際のところだと思います。
 

このまま夏の疲れを残していると、秋バテまで引き起こしかねないし、もし胃に負担なく、疲労回復効果がある食べ物があればいいですよね。
 

そこで今回は、夏バテが夏太りを招くと夏バテ対策になる食べ物と飲み物を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.夏バテが夏太りを招く?

 

①夏バテ原因のほとんどが食生活にあった!

 

・夏にありがちな食生活

  • 食事を麺類などで済ませたり、1日3食摂らなかったりする
  • スタミナをつけようと食べ過ぎる
  • ジュースやアイスのような冷たいものばかり飲食する
  • 水ばかり飲む

 

暑さで食欲が落ち1日3食摂らなかったり、そうめんなどの麺類で食事を済ませがちで、必要なエネルギーを取れず、疲労を回復できずバテる原因となります。
 

しかし、スタミナをつけようと必要以上に食べるのも、胃もたれを起こすなど、胃に負担をかけてしまい逆効果です。
 

ほかにも、冷たいものばかり飲食すると、胃が冷えて消化能力を低下させてしまい、水分の過剰摂取は胃液を薄めてしまうことから、食欲不振の原因となります。
 

胃に負担をかけず必要な栄養を摂ることが、バテずに夏を乗り切るポイントなのです。
 

②夏太りする理由とは?

 

食べ物から摂った栄養を、エネルギーに変えるのを助けるのが、ビタミンB群ですが、これが不足すると、疲れやすくなるだけでなく、太りやすくなるのです。
 

ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変え、ビタミンB2は体の脂肪を分解し、ビタミンB6は肝臓への脂肪の蓄積を防いでくれる働きがあります。
 

このように、ビタミンB群は協力し合って代謝を支えているため不足すると代謝がうまくいかくなったりするのです。
 

夏は体温を維持するのに、そんなにエネルギーを必要としないため、ただでさえ代謝が下がっています。
 

そこで食欲不振などで、ビタミンB群が不足するとさらに代謝が悪くなり、太る原因になるというわけなのです。
 
ここまでは、夏バテが夏太りを招くについて説明してきましたが、次は、夏バテ対策になる食べ物と飲み物を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.夏バテ対策になる食べ物と飲み物もチェックしておこう!

 

①夏場に積極に摂りたい栄養素とは?

 

・ビタミンB1

 

B1は、発汗量の多い夏は汗とともに失われやすく、糖質のエネルギー代謝を助ける働きがあり、不足すると太りやすくなるため、積極的に摂取するとよいです。
 

ビタミンB1を含む食品:玄米、豚肉、うなぎのかばやき、にんにくなど
 

・カリウム

 

体内のカリウム不足などにより、血清中のカリウム濃度が低い状態となり、夏バテの原因とも言われています。

 
カリウムを含む食品:ヒジキ、ノリ、アボカド、バナナ、サトイモなど

・タウリン

 

夏バテによる内蔵の血流低下で減少した胆汁酸に分泌を促し、脂肪やビタミンなどの栄養素の吸収を高めます。
 

タウリンを含む食品:カキ、いか、たこなどの魚介類
 

・ムチン

 

食べ物から摂取したたんぱく質を、吸収されやすくする働きがあり、夏バテにより低下した内蔵の働きを助けてくれます。
 

ムチンを多く含む食品:ヤマイモ、サトイモ、オクラ、モロヘイヤなど

・クエン酸

 

クエン酸回路を活性化させて、疲労物質の乳酸をエネルギーに変ることから、疲労回復に効果的で、疲労が蓄積している場合は普段より多めに摂るとよいです。
 

クエン酸を多く含む食品:梅干し、柑橘類 、 黒酢やもろみ酢など
 

②水分補給時は飲み方にも注意が必要です!

 

胃を冷やして消化能力を低下させないために、冷たい状態で飲み過ぎない、また一度にたくさんの水を摂らないで、何度かにわけて摂ることがポイントです。
 

屋内ではクーラーが利いていても、4〜5時間を目安に、500mlのペットボトル1本分の水分を摂ります。
 

屋外では、大量の汗とともに塩分も失われるため、塩飴を舐めながらこまめに水を飲むとよいです。
 

スポーツドリンクもよいのですが、毎日多量に飲むと糖分の摂り過ぎによる、急性の糖尿病になることもあるため、気をつける必要があります。
 

手作りドリンクで糖分調節するのもひとつの手段です。
 

    ・はちみつレモン麦茶

  • 材料は、麦茶ティーパック1袋に対し、ポッカレモン大さじ1杯 、はちみつ大さじ1杯で、麦茶の中にポッカレモン、はちみつを入れて混ぜれば出来上がりです。
  • 分量はお好みで各材料を増やしたり、減らしたりてください。冷蔵庫に保存してなるべく早く飲み切るようにします。

 

麦茶はカリウムなどのミネラル成分が豊富で、ほかにも血液サラサラ効果のあるアルキルピラジンが含まれています。
 

これに、疲労回復効のあるはちみつレモンと組み合わせれば、夏バテ対策に効果的なのです。
 

3.夏バテが夏太りを招くと夏バテ対策になる食べ物と飲み物のまとめ

 

食事は胃に負担をかけず必要な栄養を摂ることがバテずに夏を乗り切るポイントで、特にビタミンB群が不足すると、疲れやすくなるだけでなく太りやすくなります。
 

水分補給時には、冷たい状態で飲み過ぎない、また一度にたくさんの水を摂らないで、何度かにわけて摂ることも大切です。
 

はちみつレモン麦茶は夏バテ対策に効果的なので、ためしてみるといいかもしれません。
 

しっかり夏バテ対策をして元気に秋を向かえましょう!


【スポンサードリンク】