頭痛がする風邪に効く漢方薬ってありますか?
 

風邪といえば風邪薬ですが眠気の心配もあり、また頭痛の症状があるときにも身体の負担にならないか気になることもあると思います。
 

そんなとき漢方薬を使えば、身体の負担もさほど気にせず内側から少しずつ改善につなげていけるので、できれば使いたいところです。
 

とはいえ、どんな漢方が効果的なのか、どういうふうに使っていけばいいのかを知らないままだと効果が出ないかもしれません。
 

そうならないためにも、風邪のタイプ別に漢方薬を使い分けることについて見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.風邪のタイプ別に漢方薬を使い分ける!

 

漢方の考え方では、風邪のタイプは2つあり、ひとつは、はじめに背中がゾクゾクッとする風寒邪タイプで、身体を温め熱を発散させます。
 

もうひとつは、のどが腫れて痛む風熱邪タイプで、炎症性の症状のため炎症を冷ましながら熱を発散させる効果で、タイプにより選ぶ漢方薬は違ってくるのです。
 

そのため自分の症状をしっかりと確認しておくことがが大切になるので、これからそれぞれのタイプ別に説明していきます。
 

①風寒邪(ふうかんじゃ)タイプにはどんなものがある?

 

・もっとも親しまれている葛根湯

 

葛根湯はもっとも親しまれている漢方薬で、発汗作用や体の熱や腫れや痛みを発散して治す効果があり、病気の初期で比較的体力のある人に向きです。
 

具体的には風邪のひき始めでゾクゾク寒気がするときや、頭痛や肩こり、筋肉痛などがあるときにも適応します。
 

葛根湯は、主薬の葛根(カッコン)をはじめ7種類の生薬からなっている漢方薬です。
 

おだやかな発汗・発散作用のある桂皮(ケイヒ)、痛みをやわらげる芍薬(シャクヤク)、炎症を緩和する甘草(カンゾウ)などが配合されています。
 

・頭痛によい生薬が配合されている川芎茶調散(センキュウチャチョウサン)

 

頭痛を防いだりおさえたりし、特に風邪のひき始めの頭痛に最適で、女性の生理や更年期のいわゆる血の道症にともなう頭痛にも適しているのです。
 

主薬の川きゅう(センキュウ)には、鎮痛作用のほか、血行をよくしたり、生理を順調にする働きがあるといわれます。
 

荊芥(ケイガイ)、防風(ボウフウ)、薄荷(ハッカ)は発散性の生薬で、頭痛の病因を発散して治し、香附子(コウブシ)も痛みや生理不順によい生薬です。
 

さらに、茶葉(チャヨウ)には少量ながらカフェインが含まれ、これも鎮痛作用を助けると考えられます。
 

②風熱邪(ふうねつじゃ)タイプはこちらです!

 

・長びく風邪に適応している胡桂枝湯(サイコケイシトウ)

 

体の熱や炎症をおさえ痛みをやわらげる働きがあるので、少し体力が落ちている人でミゾウチからあばら骨の下部が張り胸苦しさのある人向です。
 

具体的に長びく風邪で微熱や頭痛・食欲不振をともなうときに適応し、柴胡桂枝湯は主薬の柴胡(サイコ)と桂枝(ケイヒ)をはじめ9種類の生薬からなる漢方薬です。
 

柴胡(サイコ)と黄ごん(オウゴン)の組み合わせにより、炎症をしずめる効果が高まります。
 

桂皮(ケイヒ)は熱や痛みを発散させ、半夏(ハンゲ)は胸のつかえ感や吐き気をおさえる生薬です。
 

そのほか、痛みをとる芍薬(シャクヤク)、滋養作用のある人参(ニンジン)、炎症や痛みを緩和する甘草(カンゾウ)などが配合されています。
 

・のどの痛みもある時は銀翹散(ギンギョウサン)

 

かぜの症状が出はじめた時に服用する点では葛根湯と同様ですが、さむけのあるかぜに葛根湯が効くのに対し、銀翹散はのどの痛みに効くタイプです。
 

具体的にはかぜによるのどの痛みや頭痛・せきなどの症状に効果があり、銀翹散は10種類の生薬のからなる漢方薬になります。
 

連翹(レンギョウ)と金銀花(キンギンカ)が主薬となり、特に上半身にこもった熱を冷まします。
 

薄荷(ハッカ)、牛蒡子(ゴボウシ)、荊芥(ケイガイ)、淡豆鼓(タンズシ)、淡竹葉(タンチクヨウ)が、軽い発汗作用や消炎、解熱作用です。
 

桔梗(キキョウ)は肺の熱を冷まし、淡竹葉(タンチクヨウ)といっしょにのどの渇きをいやします。
 

甘草(カンゾウ)はクスリの調和とともに、のどの痛みを緩和する作用も兼ねているのです。
 

ここまでは風邪のタイプ別に漢方薬を使い分けることについて説明してきましたが、次は漢方薬を使うときに気を付けるポイントを見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.漢方薬を使うときに気を付けるポイントは?

 

①空腹時に飲むのが基本です!

 

漢方薬は食前または食間の空腹時に飲むのが一般的で、おなかが空っぽのときの方が有効成分の吸収が良く、食品との相互作用の心配も少なくなります。
 

漢方薬のなかには、ジュースやお茶、牛乳などといっしょに飲むと効きが悪くなったり、反対に効きが強くなったりするものもあるので飲むときは白湯か水です。
 

また、生薬は香りにも効能があり、エキス剤や散剤の場合は、お湯に溶かして、香りを楽しむ飲み方もあります。
 

ただし、体質や漢方薬の種類によっては、食後や水で飲むほうが良い薬もあるので、服用の際は必ず使用上の注意をよく確認することが必要です。
 

②漢方薬にも副作用があるの?

 

漢方薬は安全で副作用がないと思われている人が多いようですが、漢方薬も薬なので副作用はあります。
 

ただ西洋薬と比べれば程度も軽く頻度も少なく、ソバや牛乳にアレルギーがある人がいるのと同じように、体質によっては服用中に異変が起こる人もいます。
 

主な副作用として食欲がなくなる、熱やじんましんが出る、むくみ、動悸、不眠、血圧が上がるなどがあります。

また、ごくまれに間質性肺炎などの重篤な副作用もあるので、おかしいなと思ったらすぐに服用を中止して医師や薬剤師に相談するのが良いです。
 

3.風邪による頭痛のときに効く漢方薬の効果と注意点まとめ

 

風邪で頭痛がするときに漢方薬を使うのも有効で、それぞれの症状に合ったものを選ぶことで効果を発揮します。
 

また漢方薬を飲むときはなるべく空腹時で、水か白湯で飲むようにするとしっかり吸収されるので効果的です。
 

ただ、中には食後の方が良いものもあるので注意書きをよく読んでおくことが必要になります。
 

そして漢方薬の副作用は弱めですが、もし何か異常を感じたら専門の医師に相談することが大切です。
 

漢方薬を正しく使って、風邪も頭痛も治していきましょう!
 


【スポンサードリンク】