せきが止まらない…
 

風邪でせきがひどくなるとゆっくり眠ることもできないことも多いです。
 

さらにのどが痛ったり熱まで出てしまうと、とてもツラくなるべく早く治したいというのが実際のところだと思います。
 

もしせきが止まらなくて困っているなら、今回ご紹介する方法が役に立つかもしれません。
 

そこで、風邪でせきが止まらないときの対処法について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.風邪でせきが止まらないときの対処法とは?

 

最初にせきの原因を風邪とふまえたうえで、対処法を紹介していきます。
 

①せきが出るのは呼吸器を守るため!

 

せきとは肺や気管などの呼吸器を守るためウイルスなどの異物を気道から追い出そうとする防御反応の役割も持っています。
 

また、痰には気道粘膜は表面を保護するため粘液で潤してウイルスなどの異物をからめ取る働きがあり、気道に炎症があると痰が増えウイルスを出そうとするのです。
 

のどの粘膜が腫れ痛みとともなったりしますが経過とともになくなり、のどの不快感や異物感だけが続きそのためにせきが残ることになります。
 

②のどに負担をかけないほうがいい?

 

せきが出ているときはのどが過敏になっているので、のどに刺激となるものを避けてなるべく負担をかけないようにすることが大切になってきます。
 

具体的には次のような対処法が有効です
 

  • うがいをする
  • 水分を補給し、部屋を加湿する
  • 部屋の中でもマスクの着用する
  • のどの刺激になるものを避ける
  •  

    のどに付いた病原体やほこりなど異物を粘液といっしょに取り除き、粘液の分泌や血行をよくして痰を外に出すのを助けるためにも、まずはうがいをすることが重要出す。
     

    気道の粘膜が乾燥すると異物を追い出す力が弱くなっていまうので、ぬらしたタオルを干すなどして部屋を加湿したり、水やお茶などを積極的に飲んでのどを潤すようにします。
     

    さらにマスクをすることでのどを保護することができるので室内でも着用するようにし、お酒やたばこはのどが敏感なときは痛みが悪化したりするため我慢です。
     

    またせきが出て夜眠れずにツラいときは体力を消耗を防ぐためにも、せき止めで症状をやわらげることも必要になってきます。
     

    ただし1週間以上もせきが続いている場合は、風邪が原因ではないことも考えられるので、医師の診察を受けたほうが良いです。
     

    ここまでは風邪でせきが出て止まらないときの対処法について説明してきましたが、次は風邪以外でせきが止まらない原因について見ていきましょう。

    【スポンサードリンク】

    2.風邪以外でせきが止まらない原因も知っておこう!

     

    ①せきが1ヶ月も続くこともあるマイコプラズマ肺炎とは?

     

      マイコプラズマ肺炎の症状
       

    • 初期のうちは風邪と症状が似ている
    • 39℃以上の熱が出てる
    • 熱が下がったあともダラダラと微熱が続くこともある
    • 痰を伴わない乾いた激しいせきが出る
    • 特に夜間に頑固な咳が続く

     

    マイコプラズマ肺炎は、肺炎マイコプラズマという病原微生物に感染することによって起こります。
     

    患者の8割は14再以下の子どもてあると言われてますが、大人がマイコプラズマ肺炎になってしまった場合、子どもよりも症状が重くなる傾向にあるのです。
     

    熱が一日中高いままではなく、ある決まった時間になると熱が上がりしばらくすると下がるという、子どもの症例にはない現象がみられたります。
     

    ほかには、乾いた咳から長引く気道の炎症により分泌物が増し湿った咳になりやすいのも特徴で、高齢者が発症した場合、胸に水が溜まったり、呼吸不全を引き起こす場合もあるのです。
     

    マイコプラズマ肺炎に感染したときは抗生物質による治療になるので、病院で薬を処方してもらい、水分や栄養補給をしっかり行い安静第一で過ごすようにます。
     

    ②予防のために手洗いやうがいを徹底する!

     

      予防のため気をつけること
       

    • 手洗いをしっかりとする
    • マスクを使用する
    • 感染者との距離をとる
    • 家庭内でタオルを共用しない

     

    マイコプラズマ肺炎には予防接種などの予防法がないため、手洗いやうがいなどを日常的に徹底することが重要になってきます。
     

    飛沫や接触により感染するため人ごみを避けることやマスクを使用することも感染予防に有効です。
     

    また、家族がなってしまった時は患者との接触を極力減らしたり、タオルを共用しないように気をつけます。
     

    3.風邪でせきが止まらないときの対処法のまとめ

     

    せきがツラいとゆっくり眠れず、のどが痛むと食べ物を飲み込むときに苦労することも多いです。
     

    そこで今回ご紹介した方法を取り入れれば悪化させることなく風邪を治していけるので、試してみるといいかもしれません。
     

    ゆっくり眠れるように、せきをしっかりと治していきましょう!
     


    【スポンサードリンク】