風邪のときにお風呂に入って、悪化しないか心配
 

風邪を引くと鼻水やくしゃみもたくさん出るため、身体がべたついて気持ち悪くなることも多いです。
 

いつものようにお風呂に入ってサッパリしたいけど、悪化しないか不安…というのが実際のところだと思います。
 

特に熱があるときは慎重にしたほうが良く、場合によっては症状がひどくなってしまうこともあるため、正しい入り方を知っておくことが大切です。
 

そこで今回は風邪で熱が出たときの対処法と、お風呂に入ってもいいのはどんなときか、見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.風邪で熱が出たときの治し方は?

 

①熱が出る理由とは

 

発熱するのは身体の防御反応で、ウイルスの侵入するとまず免疫細胞が戦いを始め、次に脳から全身へ発熱命令が出てウイルスの増殖を抑え免疫細胞の戦いを応援します。
 

ウイルスが体に悪影響を及ぼさなくなるまでこの発熱状態が維持されますが、ウイルスの方が強く免疫の方が弱ってくると、高い熱になったり長引くことが多いです。
 

そうなると体力をたくさん消耗してしまうので、風邪の時は栄養を取ってゆっくり休むことが大切になってきます。
 

②風邪による発熱の対処法

 

「発熱の前兆のある時」「発熱ピーク期」「熱が下がった後」に分けて対処法を紹介します。
 

・発熱の前兆のある時は体温を逃さない工夫を

 

熱の出始めはウイルスの侵入に対抗するために体温を上げようとするので、保温性の高い衣類や寝具で体の熱を逃さないようにすると良いです。
 

そして室内を充分に暖かくし、乾燥しないように湿度を高めておくことも有効な対策といえます。
 

・発熱ピーク期は解熱剤の服用はなるべく避け、ビタミンCを摂る

 

通常の風邪であれば2週間以内には治りますが、安易に解熱するとウイルスや細菌を助けることになるため、完治に時間がかかってしまうことがあります。
 

ただし、39度以上の高熱が続く場合や体力の消耗が激しいときには解熱剤を服用したほうが良く、免疫アップの食べ物を積極的に取り入れることも必要です。
 

・熱の下降から解熱後熱は充分に休養

 

発熱をすると大量の汗をかくので水で濡らしてしぼったタオルで汗を拭き取りこまめに着替え、しっかり水分補給することが大切といえます。
 

また、汗はシーツにも吸収されるため衣類だけでなくシーツも早めに取り換えるようにすると良いです。
 

 

ここまでは風邪で熱が出たときの治し方のポイントについて説明してきましたが、次は風邪のときの正しいお風呂の入り方について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.風邪なのにお風呂に入ってもいいの?

 

①風邪のときにお風呂に入るといい理由

 

風邪を引いているのにお風呂に入ったら悪化してしまうのではないかと不安な人も多いと思いますが、実は入り方に気を付ければ大丈夫なんです。
 

お風呂に入ることで全身の血のめぐりを良くなり筋肉のこわばりを和らげ、鼻詰まりにも有効で新陳代謝も良くしてくれます。
 

また、浴室内の湯気はのどの保湿対策にぴったりで、ウイルスの活動を抑える環境として最適です。
 

皮膚を清潔にすることで発汗作用もスムーズに働き、ウイルスや細菌に対する抵抗力も高めてくれます。
 

さらにお風呂のお湯で体温を上げると、体は熱を逃がそうとするため解熱剤よりもゆるやかに体温を下げることができるので体への負担を減らせるのです。
 

お風呂に入るときに特に気を付けるポイントは、次のようになります。
 

  1. 入浴する前に浴室と脱衣所を温めておく
  2. ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かる(ただし長湯は逆効果)
  3. 洗髪した際は完全に髪を乾かす(出来れば洗髪しない)
  4. 入浴後は水分を補給する
  5. 体を冷やす前に早く布団に入る

 

②お風呂に入ってはいけない場合とは?

 

風邪のときにお風呂に入ると効果的な面もありますが、風邪の症状によっては入らない方がいいケースもあります。
 

入浴することで身体を冷やしてしまったり、長湯して体力を消耗してしまったりすると体調をさらに悪化させてしまうおそれがあるため、注意が必要です。
 

身体がぐったりしているときは、入浴は避けた方が良く、下の3つの症状のどれかに当てはまるときは、お風呂に入らない方がいいといえます。
 

  1. 熱が38℃以上ある
  2. ひどい悪寒や全身の倦怠感がある
  3. 嘔吐やひどい下痢などの症状がある

 

3.風邪で熱があるときの治し方とお風呂に入るときの注意点のまとめ

 

風邪で熱があるときはこまめに水分補給をして、なるべく栄養のあるものを多く取り入れてゆっくり休むことが大切になります。
 

身体を清潔に保つためにもお風呂に入ったほうが良く、今回ご紹介した方法で正しく入れば治りも良くなるので、参考にしてみてください。
 

お風呂を上手に使って、風邪を治していきましょう!
 


【スポンサードリンク】