肩こりで頭痛になるって本当ですか?
 

頭痛は日常的に誰にでも起こりうるもので、身近には二日酔いや風邪で頭が痛くなる場合が挙げられます。
 

そして肩こりも頭痛を引き起こす原因のひとつといえ、一度痛くなると慢性化してしまうことも多いです。
 

とはいえ肩こりは誰でもなるもので、なかなか解消できないという人もいるかもしれません。
 

そんなときでも手軽にできる方法も紹介していくので、肩こりが原因で起こる頭痛の対処法について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.頭痛の原因を知って対処しよう!

 

①肩こりで頭が痛くなる原因とは?

 

肩こりによる頭痛はだいたいが緊張型頭痛であることが多いので、これから特徴と対処法を説明していきます。
 

頭から首すじにかけて、重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような圧迫感があるのが、緊張型頭痛の特徴です。
 

首や頭の後ろの筋肉の緊張状態が長く続いたことにより、頭の筋肉がこった状態になるために起こります。
 

例えばパソコンを打ったりしていると、肩から首の後ろの筋肉がこってきてそれが頭の後ろの筋肉に拡がり頭が痛くなるのです。
 

肩こりなどの身体的なストレスが無くとも、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症する場合もあります。
 

常に神経が緊張しているような状態になると、脳で痛みを調節する働きがにぶるため、頭痛が引き起こされてしまうのです。
 

緊張型頭痛は、生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいという特徴もあります。
 

    緊張型頭痛の主な症状

  • 後頭部を中心に両側が痛む
  • 重苦しい感じや頭をベルトで締めつけられているような痛み
  • 首や肩のこりをともなうことが多い
  • 吐き気やおう吐はない
  • 動いても痛みは悪化しない

 

②血行を良くすると痛みは和らぎます!

 

長時間の同じ体勢や無理な姿勢により首や頭の筋肉に負担がかかり痛みが出てるので、血行を良くすることで症状が楽になります。
 

ストレッチしたりショウガ湯を飲んだりしてみるのも良く、頭痛の痛みがつらい時は温めたタオルを首に巻くと痛みが和らぎます。
 

    ストレッチのやり方

  • 頭を右肩につけるように倒しほど良い緊張を感じたところで止め、反対側も同じように伸ばします。
  • 両ひじを上げて、肩甲骨周辺の筋肉を動かすように両腕を内側に5~10回程度ゆっくりと回します。

 

ここまでは肩こりが原因の緊張型頭痛について説明してきましたが、次は頭痛予防に効果的方法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.頭痛予防に効果的な方法とは?

 

①食べ物で血流を改善しよう!

 

血流を改善するにはビタミンEが良く、血管や細胞などの老化を防止し、血行を促進するなど生活習慣病の予防に効果があります。
 

    ビタミンEの豊富な食べ物

  • アーモンド、落花生、ヘーゼルナッツ、ひまわり油、サフラワー油、コーン油、綿実油
  • うなぎのかばやき、にじます、あゆ、はまち、小麦胚芽、モロヘイヤ、かぼちゃ、菜の花、卵

 

ほかにはパントテン酸も良く、ビタミンB群のひとつで全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。
 

    パントテン酸の豊富な食べ物

  • 子持ちカレイ、うなぎ、いくら、たらこレバー、鶏肉、納豆、たまご
  • ひらたけ、エリンギ、なめこ、アボカド、モロヘイヤ、カリフラワー

 

②香りで頭痛予防が出来る?

 

緊張型頭痛を予防するには適度にリラックスすることがポイントで、香りはリラックスするのにとても有効です。
 

香りを感知する嗅覚はダイレクトに脳を刺激するため、心地よい香りは最も早く脳をリラックスさせることが出来ます。
 

特にリラックスに良いのはフィトンチッドというもので、鎮静作用があり脳の活動を正常に戻す効果があるのです。
 

樹木が発散する物質でその香りは、健康だけでなく癒しや安らぎを与える効果や、森林浴の効果があるとして用いられています。
 

その他にはリラックス効果があるラベンダー、カモミュール、リフレッュ効果があるジャスミン、ローズマリーも良いです。
 

3.肩こりが原因で起こる頭痛の対処法予防法まとめ

 

頭痛は肩こりによっても引き起こされ、特に緊張型頭痛は慢性化しやすいので注意した方が良いといえます。
 

予防のためには血流を改善するのが良く、適度にリラックスすることが有効です。
 

日ごろから対策していけば重い症状にならずに済み、だんだん和らいでいくので普段からの心がけも必要になってきます。
 

血流改善&リラックスで、肩こり、頭痛を治していきましょう!
 


【スポンサードリンク】