体がかゆい…
 

何気なくかゆいなとポリポリかいていて、気づけば赤くなりかゆみを伴う湿疹のようなものが広がっていたなんでことありますよね …
 

夏は汗が出やすいことから肌トラブルも起こりやすく、ついかいてしまうことでひどくなることもあり、一度なると慢性化してしまうことも多いです。
 

かかないのが一番とはいえ、なかなか我慢できないという人もいるかもしれません。
 

そんなときでも手軽にできて効果のある方法も紹介していくので、体がかゆい理由と正しい対策について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.体がかゆい理由と正しい対策!

 

①夏も乾燥が原因でかゆくなる?

 

夏場は汗の量が多くその汗が体から蒸発するとき、同時に肌の水分も蒸発させていて肌から水分が抜け出ることで、内側がカラカラに乾いてしまうのです。
 

汗をかいていることで肌がうるおっているように見えますが、実際には水分が不足している乾燥状態で、これをインナードライ肌といいます。
 

原因は大量の汗とともに肌が乾燥してしまうほかに、紫外線によるダメージや夏バテで偏った食事による栄養不足なども関係しているのです。
 

また冷房の使用で肌が乾燥することでかゆみを増強させたり、外の炎天下と室内の涼しい環境での大きな温度差も、かゆみを引き起こすことがあります。
 

②かゆくなる前にインナードライ肌対策をする!

 

汗が蒸発するときに肌の水分も蒸発することが原因なので、こまめに汗を取り除くことが、一番のポイントです。
 

汗を拭くときはゴシゴシと拭かず柔らかい生地でやさしく吸い取るようにし、また汗拭きシートを使うときは、アルコールフリーのものを選ぶようにします。
 

ほかにはお風呂の時に熱いお湯につかり過ぎると、肌の水分がお湯の中に排出されてしまうので、お湯の温度は38~40℃くらいがよいです。
 

また、背中はもともと皮脂腺が少なく乾燥しやすいので、皮脂の洗い落としすぎには特に気をつけ、刺激の少ないボディーソープを使います。
 

お風呂上りもタオルで水分を取り除いたら、すぐ保湿クリームを塗り乾燥を防ぐようにしておくことも大切です。
 

さらにビタミンCを積極的に摂って内側から肌に栄養補給すれば、紫外線によるダメージや夏バテで偏った食事による肌荒れ対策にもなります。
 

ここまでは体がかゆい理由と正しい対策しようを説明してきましたが、次は、湿疹かぶれを引き起こす原因について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.湿疹かぶれを引き起こす原因とは?

 

①あせもと汗荒れは違う!

あせもとは赤い小さな発疹ができている状態のことで、皮膚にある汗の通り道や出口が詰まり、その汗に含まれる刺激物質が、肌を刺激することでなります。
 

わきの下や膝の裏側など汗を多くかく場所に発疹ができやすいのが特徴で、ステロイド薬を使うほうが、炎症をすばやく鎮める作用があるので効果的です。
 

汗荒れとは汗の成分が原因となってかぶれたように炎症が広がった状態<のことで、強いかゆみを伴うのが特徴です。
 

一種の接触性皮膚炎でかき続けると掻破性湿疹という湿疹に変わり、長引かせてしまう場合があります。
 

バリア機能を高めることで軽減できるので、保湿剤でしっかり保湿をしてかゆみがある場合は冷やしたり、叩くなどしかかないようにすることが大切です。
 

睡眠中に掻き壊してしまう心配がある場合は、綿の手袋をする、両手の指先に絆創膏をはるなど、爪で掻けないようにすることで、肌へのダメージは軽減されます。
 

もしかきむしって傷になったときには、細菌の増殖を防ぐ抗生物質が配合されたステロイド薬が有効です。
 

市販で買うこともできますが、皮膚科を受診して薬を処方してもらうほうが安心です。
 

②湿疹かぶれを防ぐには?

 

汗を放置すると皮膚の表面の刺激となって汗荒れを起こしたり、汗の出口をふさいで汗管がつまりあせもになったりするので、肌を清潔に保つように心がけます。
 

汗を拭くときは乾いたタオルではは水分だけ吸って老廃物を肌に残すため、濡らしてかたく絞ったものが良いです。
 

汗を大量かくときは着替えの用意をしたり、肌に密着する下着などは吸汗速乾性能がある素材を選ぶように気をつけます。
 

帰宅したら早めにシャワーで洗い流し、洗面器にお湯を入れハッカ油を1滴垂らしたハッカ湯を体にかければ、清涼感がありシャワーの後の汗止めにも効果的です。
 

シャワーを浴びれない場合は清潔な濡れタオルで汗を拭き取り、ハッカ油入りのお湯を含ませたタオルで拭くだけでもさっぱりします。
 

3.体がかゆい理由と正しい対策のまとめ

 

夏に体がかゆくなる原因は、大量の汗とともに肌が乾燥してしまうほかに、紫外線によるダメージや夏バテよる栄養不足なども肌を弱らせています。
 

予防するにはこまめに汗を取り除くことが大切で、ビタミンCを積極的に摂って内側から、肌に栄養補給することも効果的です。
 

湿疹やかぶれは汗をかきっぱなしで放置していることでなりやすいので、肌を清潔に保つように心がけることが予防になります。
 

清涼感があるハッカ油入りのお湯を含ませたタオルで拭くだけでもさっぱりするので、ためしてみるといいかもしれません。
 

お肌にダメージを与えないようにしっかりと対策して、汗だくの夏を乗り切っていきましょう!


【スポンサードリンク】