花粉症に効く食べ物はありますか?
 

花粉症対策の基本はマスクや目薬といったものですが、実は外側だけでなく内側からも対策することができるんです。
 

というのも、花粉症に効く食べ物やサプリメントを使えば花粉症に対する免疫を付けることができるので、体内からも改善していけます。
 

普段の対策に加え食べ物やサプリで内側からもアプローチすれば、まさに万全と言っても過言ではありません。
 

そのためにも、花粉症に効く食べ物はどんなものがあるのか、また効果的なサプリはどれを選べばいいのかこれから紹介していきます。

【スポンサードリンク】

1.花粉症対策用免疫力アップの食べ物

 

①ヨーグルト

 

花粉症対策としてヨーグルトは有名ですが、具体的な効果としては腸内の善玉菌を増やし、花粉症やアレルギーなどの症状の改善、免疫力をアップさせるなどの働きがあるので花粉症には最適です。
 

ほかにも皮膚の健康を保ち、肌荒れを防ぐビタミンAやビタミンB2、疲労回復に必要なビタミンB1、そしてカルシウムの吸収を促すビタミンDが含まれています。
 

ただ、乳酸菌はたくさん摂っても蓄積されるものではないため定期的に摂ることが大切で、ホットヨーグルトにするとさらに効果的です。
 

・ホットヨーグルトの作り方

 

  1. 耐熱の器にヨーグルトを入れる
  2. ココアをふりかけ、ひと口大にカットしたバナナをのせる
  3. その上にちぎったマシュマロをのせる
  4. レンジでマシュマロがふわふわに膨らむくらいになるまで温める
  5. (温め過ぎると乳酸菌がいなくなってしまうので30秒程度で)

 

トッピングを変えれば忙しい朝の食事にもなるので、いろいろアレンジしてみるのもいいかもしれません。
 

②れんこん

 

れんこんのタンニンという成分が花粉症のアレルギー症状を抑えてくれるので、花粉対策にピッタリです。
 

とはいえ、充分な効果を得るためにはレンコンを一日25~30g(長さにして2㎝ほど)を最低でも3か月間食べる必要があります。
 

実際3か月食べ続けるのは大変なので、そんなときはノンフライれんこんチップスにすると良いです。
 

・ノンフライれんこんチップスの作り方

 

  1. れんこんは皮をむき、スライサーで薄く輪切りにして水にさらす
  2. 水をよく拭き取り、重ならないようにクッキングシートに並べる
  3. 電子レンジで加熱し、カリッとさせる(目安として5分くらい)
  4. 塩・青のりを好みで振り、盛りつける

 

おやつやおつまみ、サラダのトッピングなど工夫次第で食べ方が広がってきます。
 

③しそ

 

アレルギー症状を抑える働きのあるαリノレン酸、花粉症の症状を増長する原因物質を抑える作用を持つルテオリン、炎症を和らげる働きのあるロズマリン酸などを含んでいます。
 

そのままだとなかなか取り入れにくいですが、しそジュースにすると飲みやすいのでおすすめです。
 

・しそジュースの作り方

 

  1. 鍋に1リットル水と大葉100枚を入れ、沸騰してから15分間煮出す
  2. 火を止め黒砂糖1カップを溶かしそのまま冷ます
  3. 大葉を絞って取り出しリンゴ酢1カップを混ぜる

 

これを毎朝30cc飲むだけで花粉症が軽減するので、朝食前に飲むようにするといいかもしれません。
 

 

ここまでは花粉症に効く食べ物について見てきましたが、次は花粉症のときにおすすめのサプリを紹介します。

【スポンサードリンク】

2.花粉症対策用サプリ

 

①じゃばら

 

じゃばらとは柑橘類で、ナリルチンという成分に花粉症などのアレルギーの抑制効果があります。
 

特に果皮にナリルチンが多く含まれているため直接食べてもいいのですが、苦味があるためサプリメントの方が飲みやすいです。
 

②青みかん

 

青みかんとは完熟する前まだ青い温州みかんのことで、ヘスペリジンという成分にアレルギー反応による炎症を抑制する作用があります。
 

ヘスペリジンは水に溶けにくい成分であるため体内での吸収があまり良くなく、サプリメントで摂った方が吸収しやすいです。
 

③甜茶(てんちゃ)

 

甜茶とは中国で古くから飲まれている健康茶のことで、バラ科の植物から取れるヒスタミン抑制効果をもつポリフェノールを豊富に含んでいます。
 

お茶で飲む場合は煮出す手間がありますが、サプリメントなら手軽なのでとても便利です。
 

3.花粉症に効く食べ物とサプリのまとめ

 

花粉症に効く食べ物ではホットヨーグルトが効果的で、いろいろとアレンジして好みの味にするといいかもしれません。
 

また、料理をするのが面倒なときや忙しくて時間がないときはサプリを使う手もあり、手軽に花粉症対策ができます。
 

もちろんマスクを使ったり服に付いた花粉を落としたりといった対処も必要なので、内側と外側の両方からアプローチすると万全です。
 

花粉対策の食べ物やサプリで、花粉に負けない身体を作っていきましょう!
 


【スポンサードリンク】