花粉症で頭が痛いときはどうすればいいですか?
 

花粉症の症状は鼻と目に来るのが普通ですが、こじらせると頭痛に発展してしまうこともあります。
 

一見すると花粉症と頭痛は何の関係もないようにみえますが、実はちゃんとした理由があり放置してもなかなか治らないことが多いです。
 

もし頭痛の原因を正しく理解して改善策を知っておけば、花粉症でいきなり頭が痛くなったとしても冷静に対応できます。
 

そのためにも、花粉症で頭痛が起こる原因と対処法をしっかり見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1、花粉症で頭痛が起こる理由は?

 

主な原因は①鼻内部の炎症②鼻炎による三叉神経への刺激の2つなので、順番に説明していきます。
 

①鼻内部の炎症が原因

 

花粉が鼻粘膜に到達すると、アレルギー反応が起きて鼻粘膜が腫れてきます。
 

鼻粘膜が腫れると鼻詰まりを感じるようになりますが、鼻とつながっている副鼻腔にも空気が入りにくくなります。
 

つまり気道としての鼻の役割を果たせず、副鼻腔の換気障害という空気の通りが悪い状態になっているのです。

口はもともと空気を吸うための器官ではないため、換気障害になると十分な酸素を取り込むことが出来なくなり、脳に酸素が行き渡らなくなります。
 

そして脳が酸素不足になると、頭痛を引き起こしてしまうというわけです。
 

②鼻炎による三叉神経への刺激が原因

 

頭痛の原因としてもう一つ考えられるのが三叉神経で、鼻の奥に鼻水が溜まると三叉神経が刺激され頭が痛くなる場合もあります。
 

三叉神経とは顔面周辺の感覚をつかさどる神経であり、頭が全体的にズキズキしたり後頭部が痛くなったりすることもあります。
 

痛みを感じる部分は広範囲で、花粉症の症状でよくある頭が重たくぼ~っとする頭重感もこれが原因です。
 

 

ここまでは花粉症が原因で頭痛になる理由を説明してきましたが、次は具体的な対処法を紹介していきます。

【スポンサードリンク】

2.花粉症による頭痛を改善するために効果的な対処法とは? 

 

鼻水鼻づまりを改善することで頭痛も良くなっていくので、対処法を一つずつ見ていきましょう。
 

①鼻水、鼻づまりの緩和する

・蒸気で鼻粘膜を温める

 

  • お茶などの温かい飲み物を鼻の下に置く
  • 鼻呼吸を続ける
  • 数分蒸気を吸う

 

こうすることで鼻の粘膜が温められるため鼻の通りがスムーズになり、温かいお湯にアロマを数滴落としてその蒸気を吸うのも効果的です。
 

鼻の通りでお困りの方向きのアロマには、マートル ユーカリ、ペパーミントなどがあり、ほかにはハッカ油でも代用できるのでメントール感強めがお好みの方は良いかもしれません。
 

ハッカ油は、薬局やドラックストアなどで1000円以下でお手軽に買えます。
 

・蒸しタオルで鼻を温める

 

血行を良くすることで鼻の粘膜の腫れも抑えられるので、次の手順で鼻を温めてみると良いです。
 

  • 温めたタオルを鼻の上に乗せる
  • 3~4分そのままにする

 

・鼻をかむ

 

鼻の奥に鼻水が溜まると三叉神経が刺激されて頭痛が起こりやすくなるので、しっかり鼻をかむことが重要です。
 

ただし、鼻をかみ過ぎると鼻の下や周りが荒れてしまうので、鼻をかむときは鼻水が皮膚に残らないようきちんとふき取り清潔にしておくことが大切になります。
 

荒れが気になるときは、むやみに触らずにワセリンなどで保湿するのが良く、やわらかいティッシュペーパーを使うのが最適です。
 

・鼻をかむときのポイント

 

  • 片方ずつかむ:片方の鼻をきちんと押さえる
  • 口から息を吸う:鼻水を押し出すために、口から息を空気をたっぷり取り入れる
  • ゆっくりかむ:力を入れず、少しずつかむようにします。一度にかまないよう、なるべくゆっくり

 

・マスクを着用する

 

マスクを着用し、鼻や口の湿度をある程度保つことで鼻の通りを助け、花粉を防ぐのにも有効です。
 

②頭痛がひどいとき

 

ひどい頭痛のときは我慢せず、頭痛薬を飲んで一時的に症状を和らげる方法も効果的です。
 

ただし、注意しなければいけないのは通常の頭痛薬と花粉症の薬との併用で、ここでは鼻炎薬のアレグラ限定で飲み合わせに問題のない市販の頭痛薬をご紹介します。
 

・アレグラの抗ヒスタミン作用を妨げない市販の頭痛薬

  • エキセドリン
  • 大正トンプク
  • サリドン
  • ロキソニンS(ロキソニンSプラスは除く。Sプラスに入っている胃を守る成分がアレグラと合わないため)
  •  

    以上の4つが飲み合わせても大丈夫な薬ですが、できれば医師の判断で薬を処方してもらうのが一番安心で、花粉症からくる頭痛には、耳鼻科を受診するのが最適です。
     

    3.花粉症による頭痛の原因と対処法のまとめ

     

    花粉症が原因で頭痛になる場合は鼻水がつまることで引き起こされるので、まずは鼻づまりを改善することが第一です。
     

    また、頭痛がひどいときは迷わず薬を使ったほうが良く、どうしても心配なときはお医者さんに相談することが大切になります。
     

    普段鼻をかむときにちょっと気を付けるだけでも違ってくるので、参考にしてみてください。
     

    鼻詰まりを解消して、頭痛を和らげていきましょう!
     


    【スポンサードリンク】