花粉症でのどが痛いときはどうすればいいですか?
 

花粉症の症状は目や鼻に来るのが普通ですが、せきが激しく出たりのどが痛くなったりすることもあると思います。
 

ただの咳なら自然に治りますが、花粉が原因の場合は正しく対処しないと悪化したり長引いてしまうのです。
 

もし花粉症でのどの痛みや咳が出たときにどう対応すればいいのか知っていれば、安心して改善していけるので、花粉症で咳が出る場合やとのどの痛いときの対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.花粉症で咳がでる原因と応急対策とは?

 

花粉症対策といえばマスクですが、くしゃみや鼻水の対策はできても咳まではカバーしきれていないかもしれません。
 

鼻や目の対策ばかりに目が行きがちなので、のどが痛くなったり咳が出たときにどうしたらいいのか分からないという人も多いと思います。
 

では花粉症で咳が出たりのどが痛くなったりする原因はどこにあるのでしょうか?

①咳やのどの痛みがでる原因は3つあります!

 

花粉症で咳やのどの痛みがでる主な原因は、
 

  • のど粘膜に花粉が付着することで、アレルギー反応を起こしている
  • 鼻づまりから口呼吸となり外気が直接送り込まれのどに潤いがなくなる
  • 大量に鼻水が出る事でのどにまで落ちてきた鼻汁を痰として排出する


 

上記の3つが挙げられます。
 

こういった症状は花粉症の期間だけのものなので、この期間少しでも楽に過ごすための対処法を紹介していきますね。
 

・洗い流すことがポイント!

 

のどにしても鼻にしても粘膜があるところはどこでも症状が出るので、まずはしっかりと洗い流すことが大切です。
 

花粉対策に鼻うがいは必須で、正しい方法で実践することで花粉をスムーズに洗い流すことができます。実際のやり方は次のとおりです。
 

  1. 前かがみになって洗面器に顔を近づけたら、指で片方の鼻の穴を押さえる
  2. 空いている方の鼻の穴から液を吸い込み、吸った鼻から出す
  3. 逆の鼻も同じ要領で行う
  4. 左右それぞれ3~5回くりかえす

 

鼻うがいの注意点は、洗浄しすぎると粘膜の線毛や粘膜面の機能を損なうため1日1回までとして、専用の洗浄液で行うようすることです。
 

水道水を使用する場合には必ず一度沸騰させて冷ましたもので行うようにします。
 

また鼻うがいに続いてのどうがいも効果的なので、できれば習慣にしておくと良いです。具体的にはこのような手順でやっていきます。
 

  1. クチュクチュと口の中を洗う
  2. 次に、しっかりと上を向きのどの奥を洗う
  3. これを3回繰り返す

 

うがいと同じ理由で体に花粉を入れないことが有効な対策なので、洗顔と手洗いもしっかりしておくと良いです。
 

②咳が止まらないときの応急対策とは?

 

咳が止まらないときの応急処置として効果的なものを紹介していきます。
 

【白湯でのどを潤す】

せきが出たら白湯でのどを潤し、この時ハチミツをちょっと舐めると効果アップです。
 

【アロマを使う】

せきが止まらないときはアロマを使うのも有効で、ティッシュペーパーなどに1〜2滴ほど垂らして嗅ぐだけで使えます。
 

具体的には、

  • ミント
  • ティーツリー
  • レモングラス
  • ユーカリ

などがおすすめです。
 

ちなみにアロマの代わりとしてハッカ油を使っても同じ効果があります。
 

【就寝時の咳にはヴィックスヴェポラッブを使う】
 

鼻づまり、くしゃみの薬としておなじみのヴィックスヴェポラッブですが、これを胸ではなく両方の足裏に塗ってすぐに靴下を履いて寝ると良いです。
 

【スポンサードリンク】

2.花粉症によるのどの症状を和らげるには?

 

ここまではのどが痛くなる原因と応急対策について見てきましたが、次はのどの痛みをやわらげるための注意点や効果的なのど飴を紹介していきます。

①外出するときはマスクとのど飴を持っていく!

 

花粉から身を守るため、外出時にはメガネや帽子などいろいろ対策すると思いますが、中でもマスクは無くてはならない物ではないでしょうか?
 

マスクはただ着用すればいいというわけではなく、顔にしっかりフィットさせて隙間ができないように使うことがポイントで、のどスプレーやのど飴も忘れずに持っていくと安心です。
 

飴を舐めてのどを潤すだけでもと違ってきますし、鼻をスッとさせ花粉症対策にもなるようなのど飴もあります。
 

②花粉症対策に使えるのど飴にはどんな物があるの?

 

ひとくちにのど飴といってもいろいろあるので、順番に見ていきましょう。
 

【L-92乳酸菌はなのど飴】

腸内には悪玉菌や状況次第でどっちにもつく日和見菌がいて、この腸内バランスというのがポイントになります。乳酸菌は善玉菌の免疫システムを強化し優勢にすることで、花粉症を緩和してくれるのです。
 

【浅田飴甜茶入りはなのど飴EX】

甜茶・プロポリス・シソ抽出物入りでさらにメントール入りなので、のどと鼻がスースーします。
 

中でも甜茶ポリフェノールには、アレルギーの原因物質であるヒスタミンを抑える効果があるとされ花粉症には最適です。
 

プロポリスは天然の抗生物質と呼ばれていて、せきがひどい時やのどが痛い時などに向いています。
 

【キシリクリスタル】

キシリトールのひんやりとした食感があり、ペパーミントやユーカリなどのハーブエキス入りです。
 

ペパーミントやユーカリは花粉の症状を緩和してくれるハーブとされていて、鼻のほうが辛い時に向いています。
 

ちなみにキシリクリスタルは、メジャーなミルクミントのほかにフルーツやコーヒー味といったものもあるので、いろいろな味を楽しみながら舐めてみるのもいいですね。

3.花粉症で咳が止まらない時の対策のまとめ

 

花粉症のときは薬を使うのが一番ですがそれでも辛い場合は、うがいをしたり、マスク、メガネ、帽子を着用し花粉から身を守ることも大切になってきます。
 

それでも心配という場合はのど飴を使うのも一つの方法で、花粉症対策に使えるのど飴もけっこうあるので試してみるといいかもしれません。
 

外出時にちょっと舐めるだけでも違ってくるので、コンビニで見かけたときなんかに一袋買っておくと安心ですよ。
 

のど飴とマスクを上手に使って、花粉症に負けずに過ごしましょう!
 


【スポンサードリンク】