風邪で下痢や吐き気もするときはどうやって治せばいいですか?
 

ただの風邪なら薬風邪を飲んで済ませる方法もありますが下痢の症状も出ていたら注意した方が良いかもしれません。
 

というのも下痢による脱水症状で悪化する場合もあるので、慎重に対応していかないといけないからです。
 

では風邪で下痢する原因は何なのか、どう対処すればいいかを知るためにも風邪で下痢する原因と下痢のときの対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.風邪で下痢する原因は感染性胃腸炎です!

 

①感染性胃腸炎の症状

 

風邪の原因となるウイルスが体内に侵入すると、感染性胃腸炎を引き起こし下痢を発症することから、お腹に来る風邪とも呼ばれています。
 

感染性胃腸炎は冬場に多いですが、春先や夏に流行するものもあります。
 

症状としては、嘔吐・下痢などの胃腸症状が主症状で、発熱・腹痛も伴うこともあり、下痢の期間は1週間以上続くケースもあるのです。
 

・下痢風邪の原因となるウイルス

 

  • エンテロウイルス
    0~5歳が発症しやすいが成人にもみられ夏場に流行することが多い。
  • ノロウイルス
    乳幼児から高齢者までみられ秋から冬にかけて流行することが多い。
  • ロタウイルス
    生後6ヶ月~2歳位までの乳幼児が発症しやすいが成人にもみられ冬から春にかけて流行することが多い。

 

②下痢のときの対処法

 

風邪のときの下痢は、ウイルスを早く体外へ出しきる必要があり、下痢止め薬の使用は必要最低限にとどめるようにします。
 

免疫力が低い高齢者や幼児の場合は、医師に相談して薬を処方してもらうことも必要です。
 

弱っている胃腸を休めることが対処法ですが、下痢によって水分とともにナトリウム・カリウムなどのミネラル類も失われているので、水分補給を頻繁に行ないます。
 

飲み物はOS-1や乳幼児ならアクアライトなどを選び、あまり冷えていないことも大切で、冷たい飲み物は胃腸に負担を掛けるのです。
 

飲み方にも気をつけ様子を見ながら、5分ごとに12回ほどを目安に回数を多く口に含む程度の少しの量を飲むようにします。
 

途中で嘔吐した場合は水を飲むのを止め水分は嘔吐の症状が収まってからとることが大切です。
 

1時間の間に5分ごとに嘔吐なく飲めたら、次は2時間の間に15分ごとに飲んでみて嘔吐がなかったら、制限をなくし、食欲が出てくれば消化吸収のいいものから食事を始めます。
 

ここまでは風邪で下痢する原因と下痢ときの対処法について説明してきましたが、次は 腸にやさしい食事を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2. 腸にやさしい食事とは?

 

①下痢の時の食事のポイント

 

麦茶、野菜スープ、薄めたりんご果汁などで、下痢によって失われたにナトリウム・カリウムなどのミネラル類を補い、食事は便が固まりやすくて消化吸収も良いでんぷんを中心とします。
 

重湯やおかゆは水分と塩分の吸収を助け、脱水症の予防と治療にも効果があり、りんごやにんじんに多く含まれるペクチンはでんぷん質食品と組み合わせると下痢に効果的です。
 

りんごやにんじんはすりおろしたほうが効果が高くなります。
 

食事制限が長引くと腸粘膜がやせ衰え全体の回復も遅れるので食欲が出たら消化吸収のいい食事でしっかり栄養補給することが大切です。
 

②症状の段階別レシピ

 

・水下痢の時

 

  • 重湯
    米1に対して水8~10で炊き、うわずみを食べる。
  • りんごのくず煮
    りんごのすりおろし大さじ1/2片栗粉小さじ1/4 片栗粉を水大さじ2で溶き、電子レンジで30秒ほど加熱してよく混ぜ、りんごを加えてさらによく混ぜる。
  • いもがゆ
    おかゆ大さじ2 ジャガイモ1/2個 ジャガイモをやわらかくゆでてマッシュし、おかゆを混ぜ、湯少々でのばす。

 

・ドロドロ便の時

 

  • 10倍がゆ
    米1に対して水10で炊いたおかゆ。
  • りんご入りパンがゆ
    耳を切った食パン1/6~1/4枚は細かくちぎり、すりおろしたりんご1/4個分を混ぜ合わせ水分を吸わせ、水分が足りなければ湯冷まし少々を足す。
  • うどんのくたくた煮
    うどんを細かく切り、ひたひたのだし汁で煮る。ゆでて細かく切ったほうれん草の葉1株分を加え、味噌小さじ1/2を溶かしいれる。

 

・軟便の時

 

  • 七倍がゆ
    米1に対して水7で炊いたおかゆ。
  • りんご入りマッシュポテト
    ゆでたジャガイモ1/4個はざっとつぶしすりおろしたりんご1/4個分を加えて混ぜる。
  • 煮込みそうめん
    ゆでて細かく切ったそうめん大さじ3~4杯分とみじん切りにしたにんじん・たまねぎ各小さじ1杯分をだし汁1/2カップで煮る。

 

・避けたい食品

 

  • イオン飲料以外の清涼飲料水
  • 薄めてない果汁100%ジュース
  • カフェイン飲料、甘味の強いゼリー
  • チョコレート類、シリアルなど糖分の多い食品
  • 脂肪の多い食品、肉類
  • 芋・ごぼう・海草類など繊維を多量に含んだ食品
  • アイスクリーム・牛乳・プリン・ヨーグルト等の乳製品

 

3.風邪で下痢する原因は感染性胃腸炎と腸にやさしい食事のまとめ

 

風邪による下痢はウイルスによる感染性胃腸炎で冬場に多いですが春先や夏に流行するものもあります。
 

下痢はなるべく薬を使わず、ウイルスを早く体外へ出しきる必要があるが、免疫力が低い高齢者や幼児の場合は、医師に相談して薬を処方してもらうことも必要です。
 

弱っている胃腸を休めることが対処法ですが、下痢によって失われたにナトリウム・カリウムなどのミネラル類を補うため水分補給も頻繁に行ないます。
 

食事制限が長引くと腸粘膜がやせ衰え全体の回復も遅れるので食欲が出たら消化吸収のいい食事でしっかり栄養補給することが大切です。
 

腸にやさしい食事をして、風邪による下痢を解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】