冷え性は太るってほんとですか?
 
暑い夏の時期は、クーラーや冷たい飲み物、アイスといったもので体を冷やすことが多くなってきます。
 

確かに、暑さを乗り切るには冷やすことが有効ですが、内蔵を冷やし過ぎると肥満の原因になってしまうのです。
 

日常的に内臓が冷えている状態が続くと、太りやすい体質になってしまいなかなか戻ってくれなくなります。
 

しかし治らないのかというとそうでもなく、日頃の生活でちょっとしたことに気をつけるだけでも改善できるのです。
 

そこで今回は冷え性が肥満の原因となる理由、夏も冷え性対策について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.冷え性が肥満の原因となる理由は?

 

①夏は内蔵型冷え性に注意です

 

夏は気温が高いため体温を保つ必要がなく、冬ほど代謝を必要としないことから、その分基礎代謝量は低くなっています。
 

さらに、冷房の効いた部屋にいて、冷たい飲み物や食べ物を摂っていることが多くなることから、内臓が冷えますます代謝が低くなっているのです。
 

代謝が低くなると、血流が悪くなり肩こりや頭痛を引き起こしたり、免疫力が下がりお腹を壊しやすくなったり、健康面に悪影響が出てきてしまいます。
 

    ・内臓の冷えチェック

  • 手足はあたたかいのに、お腹やお尻が冷たいと感じる
  • おへその上と下にそれぞれ手をあてると、上の方が冷たい
  • わきの下の体温を体温計で10分間測ったら36.3度以下だった

 

上記に当てはまる場合、内蔵型冷え性の可能性があります。
 

②内蔵の冷えは太る原因にもなる?

 

内臓の冷えは内臓機能にも悪影響を及ぼし、脂肪燃焼を低下させることから、体脂肪が分解されにくくなって太りやすい体になります。
 

特にお腹周りが冷たい人は、内臓機能を守ろうとして、脂肪が溜まりやすくなっているので注意が必要です。
 

脂肪には皮下脂肪と内蔵脂肪の2種類あり、内臓機能を守ろうとしてつくのは、内臓脂肪の方で、食事と運動を意識していればすぐに落とすことができるます。
 

しかし冷えた状態が続くと、皮下脂肪までも溜まりやすくなってしまい、この脂肪は一度付くと食事だけでは落としにくい厄介な脂肪なのです。
 

皮下脂肪と内蔵脂肪の見分け方は、お腹のお肉がつまめたらそれが皮下脂肪で、そのまま放っておくと、お腹だけでなく腰まわりにまで付いてきてしまいます。
 

皮下脂肪を溜めないためにも、夏場でも身体を冷やさないような、生活習慣を心がけることが大切です。
 

ここまでは、冷え性が肥満の原因なる理由について説明してきましたが、次は夏も冷え性対策を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.夏も冷え性対策をしよう!

 

①ポイントはお腹周りを温めること

 

エアコンの温度を下げすぎないように気をつけ、膝掛けを使ったり、足を温めたり等で防ぐことも重要ですが、お腹を温めることが改善のポイントです。
 

特に寝ている間は、代謝が低下しているので、身体が冷えやすくなっているため、腹巻きをしてお腹周りを温めておきます。
 

さらに、おへその周りをマッサージすることで、リンパの流れが改善され、内臓を温めるのに効果的です。
 

ほかには、お風呂の入り方にも注意が必要で、夏場は暑いのでシャワーだけで済ませがちですが、しっかりお湯につかることで、身体が温まり血流の促進もされます。
 

炭酸風呂は、38℃くらいのぬるめのお湯でも、二酸化炭素の吸収によって血管が拡張し、血流が良くなる夏向きの入浴法です。
 

炭酸風呂の作り方は、湯量160リットルに対し クエン酸300g 重曹390gが目安ですが、極端にたくさんいれたりせず、クエン酸1、重曹1.3の割合で入れれば、炭酸風呂になります。
 

生活での対策に加えて食べ物での対策も大切なので、次は食べ物での対策について見ていきます。
 

②タンパク質が体を温めてくれる

 

冷えの改善の場合には温かい食事も大切ですが、体を温めたり血液の循環を良くする食べ方をすることがポイントなのです。
 

食事を摂ると栄養素が分解される際に熱を発生させるのですが、この熱量が高いのがたんぱく質で、大豆食品や乳製品、魚や肉などに多く含まれています。
 

中でも大豆食品の木綿豆腐は、糖質が少く良質なタンパク質が摂れ、動物性タンパク質の代わりもなります。
 

のどごしも良い木綿豆腐なら、真夏の食欲が減っているようなときでも、食べやすい食材です。
 

それと、血行を促進には生姜が良いのですが、生の生姜に含まれるジンゲロールに解熱作用があるため、冷え性には逆効果になります。
 

冷え性対策で生姜使う場合は、加熱するか乾燥させると、体の内側に熱を作り出してくれるショーガオールに変化するので、体の温め効果アップです。
 

3.冷え性が肥満の原因なる理由と、冷え性対策のまとめ

夏であっても、冷たい物を摂ることが多く、冬ほど代謝しないことも加わって、内蔵は冷えているのです。
 

そのままなにもしないでいると、免疫力も下がり、血流が悪くなり太りやすくなってしまいます。
 

夜寝るときは腹巻でお腹をしっかり守って、お風呂に浸かるようし、炭酸風呂ならぬるめの温度でも血行が良くなるので夏の暑い時期でも入りやすいです。
 

食事も熱量が高い木綿豆腐を食べたり、生姜は温めてから食べるなどが冷え性改善に効果的な食べ方になります。
 

夏こそ温めて、毎日元気に過ごしましょう!
 


【スポンサードリンク】