下痢には薬を使っちゃいけない時があるって本当ですか?

 

下痢といってもただ下痢止め薬を飲めば済むというものでもなく、原因や種類もさまざまなのでちゃんと見分けることが必要です。
 

お腹が痛いからといってやみくもに対処しようとしても治るどころか悪化したり、ますます長引いてしまうことにもなりかねません。
 

自分の下痢の原因が何か、またどうやって対策していけばいいのかを正しく知ることが改善への早道です。
 

そこで今回は下痢の薬を服用して悪い場合と下痢の時にいい飲み物と食べ物を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.下痢には薬を服用していい場合と悪い場合がある!

 

①下痢止め薬を服用していい場合とは?

 

下痢の症状はさまざまで、原因と症状によって対処法は異なってきます。
 

下痢には急性と慢性があり、確認が必要なのは便の形状や発症してからの経過、また下痢以外に発熱や血便があるかないかを確認することが重要です。
 

急性の下痢は食あたりがほとんどで、腸内に入った細菌を早く排出する生理作用が働くため、便の水分が異常に増え、液状またはそれに近い状態になります。
 

慢性の下痢は、腸自体の異常や腸内細菌の乱れが原因で、通常より少し軟らかく、形のある柔らかい便が特徴です。
 

例えば、便の色はいつもと同じで便の形状が液状またはペースト状態だった場合は、冷え、ストレス、食あたり、暴飲暴食などによる下痢が考えられます。
 

このような場合は市販の下痢止め薬を服用し、症状が改善したらおなかの調子を見ながら食事を食べ始めるなどの対処も大切です。
 

しかし下記ような症状のときは、細菌性やウイルス性の感染性下痢が考えられるので、下痢止め薬は服用ぜず、医療機関の受診が必要となります。
 

  • 便に血が混じっている。
  • 便が黒っぽい。
  • 便の粘液の量が多い。
  • 便が白い液状である。
  • 下痢以外に嘔吐や発熱がある。

 

②下痢止め薬を選ぶときのポイントとは?

 

下痢止め薬には様々なタイプがあり、原因と症状を手がかりに下痢止め薬を選びます。
 

・寝冷えや暴飲暴食による下痢は腸管運動抑制剤タイプ

 

腸管運動抑制剤タイプは、腸の過剰な運動や腸の粘膜における水分の吸収・分泌異常を改善して、下痢を抑えます。
 

下痢止め薬は、ピシャット錠(大幸薬品)、トメダインコーワフィルム(興和)などがこのタイプで、15歳未満は飲めない薬です。
 

・食あたりによる下痢には腸管運動正常化タイプと殺菌剤タイプ

 

腸管運動正常化タイプは、腸のぜん動運動を正常化し、腸管内の水分分泌を抑制、水分吸収を促進することで、水分量を調整する作用があります。
 

下痢止め薬は、正露丸(大幸薬品)が、このタイプで5歳から飲める薬です。
 

殺菌剤タイプは、食あたりに効果的な腸内殺菌剤のアクリノール、ベルベリン塩化物やタンニン酸ベルベリンなどが配合されています。
 

下痢止め薬は、エクトール 赤玉(第一三共)が、このタイプで3歳から飲める薬です。
 

・慢性の下痢には収れん剤タイプ

 

収れん剤とは腸粘膜のたんぱく質と結合して沈殿膜をつくり、腸壁を保護して炎症を抑える成分のことです。
 

下痢止め薬は、ビオフェルミン止瀉薬(ビオフェルミン製薬)が、このタイプで5歳から飲める薬です。
 

・慢性の下痢、食あたりの下痢どちらにも有効な整腸剤タイプ

 

整腸剤タイプは、乳酸菌などの生菌が配合されており、下痢時の乱れた腸内菌叢のバランスを整え、おだやかに腸の働きを正常状態に戻してくれるのです。
 

整腸剤は下痢の症状を改善するものではなく、腸を整えるもので、新ビオフェルミンS細粒(ビオフェルミン製薬)が、このタイプで3カ月から飲めます。
 

ここまでは下痢止め薬を服用していい場合と悪い場合を説明してきましたが、次は下痢の時にいい飲み物と食べ物について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.下痢の時にいい飲み物と食べ物とは?

 

①下痢の時には経口補水液です!

 

経口補水液は、他の飲料に比べて電解質のナトリウムとカリウムを多く含んでいます。
 

通常の水分補給であればスポーツドリンクでも充分ですが、下痢で失った塩分などを補強するには、経口補水液が一番適しているのです。
 

経口補水液は水と砂糖と塩があれば、手作りすることも出来ますが、日持ちしないので、量はその日のうちに飲む分だけ作ります。
 

経口補水液作り方

 

  1. 水1リットル、塩を小さじ1/2(3g)、砂糖を大さじ4と1/2(40g)を用意します。
  2. これらをしっかり溶けるまで混ぜれば完成です。

 

飲むときは常温で少量を回数を多く飲むようにし、また冷たいもの、炭酸飲料、カフェイン入りの飲料、アルコールなどの刺激が強い飲み物は飲まないことです。
 

②おなかの調子を見ながら消化の良い食事をとる!

 

下痢症状がひどい間は食事は控え、水分補給はしっかりするようにし、症状が改善したら、おなかの調子を見ながら少しずつ食事を食べ始めます。
 

うらごしスープにしたり、やわらかく煮るなど、消化しやすいように調理し、料理の味付けはできるだけ薄味にした方が刺激が少なくて良いです。
 

下痢の時お腹に優しい食材には、ご飯やうどん、にんじんやジャガイモ、バナナやリンゴなどがあります。
 

症状が落ち着いて来たからと、いきなり普通食にしてしまうと、ぶり返す原因になるので、きちんと治るまでの回復期も要注意です。
 

揚げ物や糖分を多く含んでいるお菓子、生野菜などは腸に負担がかかるため控えます。
 

・回復期のお腹に優しいレシピ:具なし茶碗蒸し

 

材料は卵1個、麺つゆ(3倍濃縮) 小さじ1/2杯、水160ccで、作り方は次のようになります。
 

  1. 卵と、めんつゆと、水160ccをボウルに入れフォークで混ぜる。
  2. 茶碗蒸しの器に入れ、弱火で15分くらい蒸す。
  3. ときどき覗いて、プリンみたいに固まったら火を止め器の蓋をして、余熱で蒸す。
  • (電子レンジなら200wで7分。ラップしないで、蓋はのせる。)
  •  

    3.下痢には薬を服用していい場合と悪い場合と下痢の時にいい飲み物と食べ物のまとめ

     

    薬を服用していい場合と悪い場合は便の色や、下痢以外に症状ないかで見分けます。
     

    日頃から健康管理として、便の色を確認するを習慣にしておくとよいです。
     

    下痢の時にいい飲み物は経口補水液で、飲むときの注意は常温で少量を回数を多く飲むことになります。
     

    お腹に優しい食材には、ご飯やうどん、にんじんやジャガイモ、バナナやリンゴなどがあり、症状が落ち着いても、治るまで要注意です。
     

    種類と原因を知って、下痢を解消していきましょう!


    【スポンサードリンク】