ダイエットで頭痛になるってホントですか?
 

ダイエットといえば食事制限ですが、間違ったやり方をしてしまっている人が意外と多いかもしれません。
 

確かに食べる量を減らせばカロリーは減りますが、生きていくうえで最低限必要な栄養までけずってしまうのは危ないです。
 

とはいえ具体的にどういったことに気を付ければいいのか分からないことがほとんどだと思います。
 

そこで今回はダイエットで頭痛になる原因と効果的な改善策について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1、ダイエット中に偏頭痛が起こる原因は?

 

①偏頭痛になる理由

 

ダイエット中に空腹時間が長く続くことや、食事制限をしていてこめかみのあたりがズキズキと痛くなったり吐き気がしたりするといった不調がでたら、偏頭痛かもしれません。
 

特にお米などの糖質の摂取量を減らす糖質制限ダイエットの場合は、血液中の糖が不足し、低血糖状態になることで偏頭痛をひき起こすことが多く、このような症状なら偏頭痛です。
 

  • こめかみが脈打つような痛みが、片側または、両側にある。
  • 吐き気がしたり、吐くことがあり、じっとしているほうが楽である。
  • 動くと痛みが増し、光と音がわずらわしく感じる。

 

糖質は体に必要な栄養素であり脳のエネルギー源ですが、低血糖状態が続くとさまざまな不調がでてきます。
 

それによって頭痛や吐き気だけでなく、ふるえ、めまい 、目のかすみ、脱力などの症状を引き起こすようになるのです。
 

ほかにもダイエットにより栄養はランスが悪くなると、栄養不良が引き金となってホルモンバランスが崩れることで、自律神経が乱れ体調を崩し偏頭痛を起こします。
 

偏ったダイエットによるストレスが原因で自律神経が乱れることもあり、吐き気をはじめ多汗、倦怠感、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、めまい、不眠などさまざまな体調不調が出ます。
 

また、鉄分の足りない食生活が続いくことで貧血を起こし、主な症状として全身の倦怠感や頭痛、めまいや息切れなどです。
 

唇や爪の色が青白くなったり、爪が反りかえってスプーンのようになることもあり、鉄分は血液中のヘモグロビンの成分となり、体内のいたる所に酸素を運ぶ役割をしています。
 

そのため鉄分が不足すると体内に酸素が充分に回らなくなって基礎代謝が低下してしまい、食事制限をしてもダイエット効果がでにくくなってしまうのです。
 

②ダイエット中に偏頭痛を起こさないためのポイント

 

ダイエット中に偏頭痛などが起こる原因は低血糖なので、その対策をすることがポイントになり、やってはいけないのは空腹時の激しい運動です。
 

空腹時の血糖値が下がっているときに激しい運動をすると、偏頭痛やめまいを起こすなど体に負担がかかり、さらに血糖値が下がっていきなり意識障害に至ることがあります。
 

運動するなら食後30分から1時間位たったころで、無理のないように行うことが大切です。
 

空腹時間が長いと血糖値が低下し、偏頭痛を引き起こすので、3食同じ時間に食べるように心がけます。
 

また、食後急激に血糖値が上昇してしまうことで血管の内皮細胞にストレスがかかって動脈硬化が起こり、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクが出てきてしまうのです。
 

ほかには、たんぱく質や脂質をしっかり摂ってバランスを整えることや、食べる順番を食物繊維の多いもの、消化に時間がかかるものから先にすることが必要になります。
 

そしてゆっくりよく噛んで時間をかけて食べることで、食後の血糖値上昇をゆるやかにしてくれ、また寝る前にホット酢ドリンクを飲むと血糖値が急に上がることを防いでくれるのです。
 

低血糖を繰り返すと軽い低血糖では自覚症状を感じにくくなることや、ひどい場合は心臓麻痺などを起こす危険もあるので充分注意が必要です。
 

 

ここまでは偏頭痛になる原因を説明してきましたが、次は正しい糖質制限ダイエットのやり方について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.糖質制限ダイエットのポイントと気を付けることは?

 

①糖質制限とは

 

糖質制限食とは、血糖値を上昇させる栄養素である糖質をできるだけ低く抑えて食後高血糖を防ぐというもので、糖尿病の人や肥満、メタボリックシンドロームの人の食事療法なのです。
 

簡単に言えばお米を抜いておかずばかり食べるというイメージで、お米のほかに、めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などが、抜く必要がある糖質のものとなります。
 

糖尿病の治療の場合は、血糖値を適正に保つようにコントロールし続けることが目的で、そのためには血糖値が高くならない食習慣を身に付けることが大切になってくるのです。
 

糖質をすべてカットするのではなく、ゆるい糖質制限位の方が体への負担も少なくて済みます。
 

ご飯なら茶碗に半分、パンなら6枚切りの食パン半切れ、ロールパンやクロワッサンなら1個、フランスパンなら普通の厚さのもの1切れが目安です。
 

おかずはイモなど糖質量の多い食品を避け、砂糖やみりん、ケチャップなどの調味料を控えめにします。
 

②糖質制限ダイエットの注意点

 

間違ったダイエットはやはり危険なので、糖質制限をするときに気を付けた方が良いポイントをチェックしておきます。
 

・気をつけること

  • 過度な目標は立てず、1ヶ月に1kg~多くても3kgくらいまでとする。
  • 糖質を全く摂らないことは絶対にしない。
  • 脂質は、ほどほどにして、良質なたんぱく質を摂取する。
  • ご高齢の方は糖質制限をする前に医師と相談して、無理のない糖質量を設定する。

 

体が低糖質状態になると糖質を一番必要としている脳は飢餓状態であると判断し、あらゆるところからエネルギー源を取り込もうとします。
 

その結果、筋肉からもエネルギー源を作り出し筋肉の減少が起こりますが、これはタンパク質を多く摂取することで回避できるのです
 

ささみなどは糖質・脂質が低くまた動物性タンパク質なので速効で筋肉に変わるという効果があり、そして適度に動くことも重要になります。
 

・このような人には、糖質制限ダイエットは向いていません

 

  • 普通に炭水化物を摂取していても、スマートな体型の人。
  • 普段から運動しない人。
  • 持病のある人。
  • 成長期の人。

 

3.ダイエットで頭痛になる理由と対処法まとめ

 

ダイエットは正しくやれば効果が出ますが、少しでも間違ったやり方をすると体調を崩すだけでなく、大きな病気に発展することもあります。
 

そうならないためには、過度な食事制限をしないように注意しながら血糖値が高くならない食生活を心がけることが大切です。
 

日々の生活の中で少し気を付けるだけでも違ってくるので、ダイエットするときの参考にしてみてください。
 

正しい方法で、糖質ダイエットを成功させましょう!
 


【スポンサードリンク】