秋バテの症状を教えて下さい!
 

夏の疲れが溜まってくるといろいろな不調が出てきますが、頭痛が起こることもあるのです。
 

秋バテからくる頭痛は日ごろの習慣が大きく関係してくるので、頭痛薬で手軽に治せるというものでもありません。
 

そのうち何とかなると思って放置しても、慢性化したりますます悪化したりすることもあるので、適切に対処することが必要です。
 

そのためにも、秋バテになる原因と対処法について見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

1.秋バテになる原因は?

 

①原因は自律神経を乱れ

 
クーラーが利きすぎていることろに長時間いたり、冷たい物を飲みすぎるなどして気づかぬうちに内臓が冷え、血流が悪くなり疲れやすくなってしまいます。
 

また、内臓が冷えてしまうことで、内臓をコントロールする自律神経への負担が大きくなるのです。
 

さらに、クーラーを使用した涼しい室内との気温差や夏から秋にかけての気温の変化など、寒暖の差の繰り返しが自律神経を乱れさせ、様々な不調症状が起こります。
 

    秋バテ症状

  • 体がだるく疲れやすい
  • 胃の調子が良くなく食欲がない
  • 肩こりや頭痛がある
  • めまいや立ちくらみがする
  • 寝ているのに寝足りない

 

②自律神経とは?

 

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整する神経のことで、交感神経と副交感神経の2つあります。
 

交感神経は体の活動時や緊張している場合に働き、副交感神経は安静時やリラックスしている場合に働き、この2つ神経のバランスが乱れると、体調にも影響が出るのです。
 

例えば、交感神経が過剰に働いてしまうと、血管が収縮し身体の血の巡りが悪くなり、体がだるく感じたりします。
 

逆に副交感神経が過剰に働いてしまうと、血管拡張によるうっ血が起こったり、過食による肥満を引き起こしたりするのです。
 

自律神経の乱れから、不眠などの心の不調があらわる自律神経失調症になってしまうと、治すのが大変になってしまいます。
 

秋バテを感じたら、内臓の冷えの改善し、自律神経を乱れを回復させることが大切です。
 

ここまでは秋バテになる原因について説明してきましたが、次は、秋バテの対処法を見ていきましょう。

【スポンサードリンク】

2.秋バテを回復させるには?

 

①血流を良くしてことがポイントです!

 

秋バテを回復させるには、内臓の冷えの改善のために、血流を良くしてことがポイントで、軽い運動やストレッチなどで、体を動かしたりほぐしたりすると良いです。
 

運動が苦手な人は、イスに座り、足元に小さいボールや空き缶などを置いて、足の裏で転がすと足裏のツボが刺激され、全身の血行が良くなります。
 

ほかには、お風呂に入るときは熱めのお湯より、ぬるめのお湯にゆったりと入るほうが、冷えの改善になるので良いです。
 

②食べ物で血行を良くなる物は?

 

体を温める食品を取り入れることも効果的で、特に次のような野菜が最適です。
 

  • かぼちゃ、たまねぎ、ねぎ
  • にら、にんにくの芽、だいこん
  • かぶ、ごぼう、白菜
  • イモ類、ブロッコリー、ゴマ

 

野菜に含まれるビタミンCは、血行が良くするのに効果があり、野菜の煮物や温野菜のサラダ、野菜スープなどにするのが良いです。
 

この他にも、とうがらしやショウガなど血行も良くする効果があり、ショウガに含まれるジンゲロンやショウガオールには発汗を促す作用があり、ショウガ湯にすると体が温まります。
 

とうがらしのような辛いものは即効で血流を良くし、カプサイシンと言われる辛味成分が体を温めてくれるのです。
 

3.秋バテになる原因と対処法のまとめ

 

秋バテは自律神経の乱れによるもので、食生活を見直し、血流を良くするように心がけることが改善につながります。
 

一日の最後にショウガ入りの飲み物で体を温めた後、ぬるめのお風呂にゆったりとつかるなど、日ごろから体を冷やさないように過ごすことが大切です。
 

日々の生活の中で少し気を付けるだけでも症状を和らげることができるので、できることから実践してみるといいかもしれません。

 
秋バテ対策をしっかりして、だるさや頭痛を解消していきましょう!
 


【スポンサードリンク】